「なぜT-ARAは悪口を言われると思いますか?」 T-ARAがイジメ問題について再び真剣に答える


T-ARA

が、スポーツドットコムの記者のインタビューを受けたことが話題になっている。

▲ T-ARA

未だにバッシングを受けてるT-ARAに、イジメ問題については避けては通れないと痛感した記者が、「なぜ、T-ARAは悪口を言われると思いますか?」と最初からきつく質問をしたようだ。

この質問に対して、T-ARAは戸惑っていたようだが、

ウンジョン

が「明らかな理由があると思います。誤解を招くことをして、悪口を言われる要素があったと謙虚に受け止めています」と回答。

ヒョミン

は「多くの愛を下さった方々をガッカリさせてしまい、間違いを元に戻したり無かったことにはできません。私達が未熟だったことや分別のない行動をただひたすら反省すべきだと思っています」と答えた。

また、ウンジョンは「すぐに話をしなかったことが誤解を招く要素の1つだと思います。当時の私達の思いを上手く伝えられなかったのが残念です。今は言葉より行動して見せなければ思っています」と語った。

▲ ウンジョン

インタビュー中には、ウンジョンやヒョミンが最初に泣き出し、

ソヨン

が「私は泣かないと思ってましたが・・・」と泣き、誤解をたくさん招いたジヨンも化粧が崩れ落ちるほど泣き出した。

▲ ソヨン

T-ARAは「客席から拍手がないのではないかと思うと舞台に立つことが怖いです。それでも拍手をして応援をしてくれる人のために最善を尽くすことを誓い、1位になりたいと思うのではなく、ただ愛されれば良いと思いカムバックに向けて一晩中練習をしました」と明かしている。

T-ARAは昨年騒動後のステージで観客からバッシングを受け、最前列の観客でさえも無視をするという自体が起こり話題となった。

そんなT-ARAが1年5カ月ぶりに出した新曲「Number9」は、音楽番組やチャートで1位を獲得しており、カムバックに向けての努力が報われたのではないかと言われている。

▲ MBC『音楽中心』カムバックステージ

韓国のネット上では、「いじめ騒動の間は、苦労が多かったですね。 国民を代表して許します。より良い歌で報いるだろうと信じます。ファイティン」「当時の大衆は事件の真実より魔女狩り的な行動により一層熱を上げて批判している雰囲気だった。誤解を受けているということほど悲しいことはない」「事件から時間も過ぎたし、法律を違反して法的な過ちを犯したことでもないのだから、もう一度機会を与えてみようよ。そのまま静かに見守ってはいけないかな?」「本人の信念と意志を守って最後まで屈服しなかった韓国最初のガールグループだと思う。そして最も重要なポイントは自分達が何が誤りであったか正確にその部分に対して謝っていること」「インタビューでT-ARAが見せた涙は、反省の意味もあるけど、自分達を愛するファンに対する感謝と家族、そしてメンバーに対する愛との信頼関係で涙を流した・・・とT-ARAファンは思っている」「T-ARAとファヨンが和解して再び一緒に活動したら良いと思います」など様々な意見があるようだ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF