「4男1女」 キム・ウビン、両親との最後の挨拶の途中に涙を浮かべる


「4男1女」 キム・ウビン、両親との最後の挨拶の途中に涙を浮かべる
「4男1女」 キム・ウビン、両親との最後の挨拶の途中に涙を浮かべる

『4男1女』にスペシャルゲストとして出演していた俳優キム・ウビンが、両親に最後の挨拶を伝える途中に涙を浮かべた。

25日に韓国で放送されたMBCバラエティ番組『4男1女』では、キム・ウビンが映画の日程のために、他の家族メンバーよりも先に両親と分かれるシーンが描かれた。

キム・ウビンは両親と離れる瞬間がやってくると、「何だかもの足りなくて名残惜しい気持ちだ。手ももっと掴んであげてたらよかったな・・・」と残念がった。これまでキム・ウビンは両親を濃やかに世話してきて、数日間で愛情が深まった姿を見せた。

続いてキム・ウビンは「ありがとうございました。元気にいてください。愛してます」と挨拶の言葉を渡しながら、切なさから涙を浮かべた。

なお、『4男1女』は、キム・グラ、キム・ミンジョン、キム・ジェウォン、ソ・ジャンフンの4人の兄弟と一人娘が兄妹となり、田舎に住む両親と共に生活しながら家族の意味とは何かを示す観察バラエティ番組だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF