「SMTOWN LIVE III」ロス公演、米K-POPファン1万2千人を熱狂 東方神起、少女時代ら8組出演


「SMTOWN LIVE III」ロス公演、米K-POPファン1万2千人を熱狂 東方神起、少女時代ら8組出演
「SMTOWN LIVE III」ロス公演、米K-POPファン1万2千人を熱狂 東方神起、少女時代ら8組出演

東方神起

SUPER JUNIOR

少女時代

らSMエンターテイメントの所属アーティストが総出演するワールドツアー「

SMTOWN LIVE III

」が現地時間20日(日本時間21日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで行われたロサンゼルス公演を皮切りにスタートした。

公演には、

BoA

、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、

SHINee

f(x)

EXO-K

EXO-M

の8組が出演。SUPER JUNIORのリーダー・

イトゥク

と、アメリカ生れである少女時代の

ティファニー

ジェシカ

が司会を務め、地元アメリカのK-POPファン1万2000人を熱狂させた。

同公演のトップバッターを務めたのは、SHINee。「Lucifer」「A.MI.GO」の2曲で、公演をスタートさせた。続いて、SUPER JUNIORが「Superman」「DON’T DON」を披露。f(x)は「Hot Summer」「NU ABO」をパフォーマンスした。少女時代は、ヒット曲「Run Devil Run」「Genie」を披露。少女時代のユニット「

テティソ

」もステージで、ユニットデビュータイトル曲の「TWINKLE」を披露した。

東方神起は、「今夜のコンサートに来てくださったファンの皆さんに感謝します」(

ユンホ

)、「終わりまで今夜のショーを楽しんでいただければと願っています」(

チャンミン

)と挨拶し、迫力の「Why?(Keep Your Head Down)」を披露した。

今回出演したアーティストの中で最も先輩となったBoAは、SHINeeの

キー

とEXO-Mのクリスの2人と共に、3月にリリースした自身の新曲「One Dream」を披露。続いて「I Did It For Love」「Hurricane Venus」を歌った。

SMエンターテイメントがワールドツアー「SMTOWN LIVE」で、ロサンゼルスで公演を行うのは、2010年にステイプルズ・センターで行った前回公演に続いて2回目となった。

SMエンターテイメントは今後、ロサンゼルス公演に続いて、台湾(6月9日)、東京(8月4、5日)、ソウル(8月18日)で公演を行うほか、今後もツアー公演の開催地を随時発表していく予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF