『夜を歩く士』プロデューサー、「イ・ジュンギのキャスティングは0順位だった」


『夜を歩く士』プロデューサー、「イ・ジュンギのキャスティングは0順位だった」
『夜を歩く士』プロデューサー、「イ・ジュンギのキャスティングは0順位だった」

1年ぶり自身3度目の全国ツアー、JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2015  ”LAST NIGHT” がスタート!, 東方神起ユンホ、入隊前に家族とのんびり, 東方神起チャンミン、ドラマ制作発表会で過去最高数の米花輪を記録, 『夜を歩く士』プロデューサー、「イ・ジュンギのキャスティングは0順位だった」, AOAミナ、「サイン会でファンに怒られて泣いた」

MBC新水木ドラマ『夜を歩く士』のプロデューサーが主演陣のキャスティング秘話を公開した。

イ・ソンジュンプロデューサー(PD)は7日午後、ソウル・上岩洞(サンアムドン)MBC新社屋で開かれた『夜を歩く士』の制作発表会で俳優をキャスティングした理由を明らかにした。この日、イ・ソンジュンPDは「僕は時代劇に合う俳優をよく知っている」と話し始めた。イ・ソンジュンPDは「その中でイ・ジュンギは、ご覧のように非の打ちどころがない」とし、「性格も良く演技も上手でキャスティング0順位だった」と説明した。

続いて、イ・ジュンギ演じるソンヨルと対立する鬼役を演じるイ・スヒョクについて、イ・ソンジュンPDは「イ・ジュンギがキャスティングされ次に悩んだのは『鬼』だった。見ての通りイ・スヒョクは演技も素晴らしい。既存の地上波で見られなかったユニークなイメージをよく作ってくれている。イ・ジュンギのようにビジュアル的にも素晴らしい」と話した。

また、イ・ソンジュンPDはイ・ユビについて「しっかりし、朗らかである。暗くて重く、くすんでいる面を排除しようとしてみるとキャスティング年齢もイ・ジュンギを除いてみんな20代だ」と伝えた。

東方神起のチャンミンに対しては「前作で監督がチャンミンと一緒にした。可能性はあるが機会がないように思え、注意深く見た。僕は積極的に考慮した。海外公演などのスケジュールが多かったが、スケジュールを合わせて撮影した」とし「放送を見れば驚くべき演技者としての変身を見ることができる」と述べ、期待を高めた。

『夜を歩く士』は韓国で8日午後10時から放送される。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF