『未来の選択』&『美男<イケメン>ですね!』 CNBLUEヨンファ演じるパク・セジュとカン・シヌの共通点と相違点とは?


CNBLUE

チョン・ヨンファ

がドラマに出るということを聞いたときに、誰しも過去作品のことを思い出したに違いない。

特に、デビュー作となった『美男<イケメン>ですね!』は、ヨンファ人気に火を点けただけに、いろいろなシーンがファンの中に記憶に強く残っており、今回のドラマ『未来の選択』の中でも、いくつかを重ねて見ているファンもいるようだ。

▲ 『美男<イケメン>ですね!』のカン・シヌ(ヨンファ演)

『美男<イケメン>ですね!』では、ファン・テギョンとカン・シヌに、コ・ミニョ。『

未来の選択

』では、キム・シンとパク・セジュに、ナ・ミレ。

1人の女性にそれぞれが関わるエピソードがあるわけだが、ファン・テギョンも、キム・シンも表立ったところはクールで完璧なイメージを持っており、カリスマのような個性的なキャラクターだ。最初は反目し合うような間柄だったはずなのに、弱点(テギョンの方向音痴やアレルギー体質、母親との確執、シンの運転免許の更新忘れや、短気でスタッフから嫌われていることや、今の地位を追われそうになって出てくる心の内など)を持っていることを、ヒロインに次第に気づかれ、おまけに何かの拍子に見せる可愛い笑顔や優しさ、また意外にも裁縫が得意だったりする一面を持ち、そのギャップにヒロインは驚かされ、惹かれていく。

しかも、男性側からのアプローチも分かりやすい。それに何と言ってもトラブル時での関わりがストレートに見える関係なのだ。

一方、ヨンファ演じるカン・シヌとパク・セジュは、物腰が柔らかく温かみがあって気配りや手助けなど、ヒロインは親しみやすさを感じやすいが、テギョンやシンとは違って、熱情や勢いに乏しく、ヒロインへの思いも伝わりにくく、いつも一歩出遅れている感が拭えない。

▲ 『未来の選択』のパク・セジュ(ヨンファ演)

それに加えて、感情が男性から女性に向いてどんどん動いていくのに、女性側の感情がいまひとつ盛り上がっていかないという、想いが報われにくいキャラクターだ。

ただ、10月29日に放送された第7話の予告編で、セジュが花束を持ちついにミレに告白か!?というシーンがあり、ヨンファの演じる役の持つシヌっぽいイメージが大きく変わるようなことになるのかもしれないと、ファンの間では次回を待ちきれないといった声がツイッター上を飛び交っている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF