『SNL KOREA』、少女時代の写真を燃やすシーンが議論に・・・番組側が謝罪


『SNL KOREA』、少女時代の写真を燃やすシーンが議論に・・・番組側が謝罪

『SNL KOREA』、少女時代の写真を燃やすシーンが議論に・・・番組側が謝罪

『SNL KOREA』の中で少女時代のアルバムを踏みつけたり、写真を燃やす場面が登場して議論になり、番組側が謝罪した。

10日に韓国で放送されたtvN『SNL KOREA』シーズン6には、Wonder Girlsが「第5軍大統領」のコーナーにゲスト出演した。放送ではWonder Girlsがライバルである少女時代のアルバムを踏みつけたり、写真を燃やす演出がされ、放送後、番組のHPの掲示板に苦情が殺到するなど論議が起こった。

これに制作陣側は11日、公式フェイスブックやホームページを通じて「10日に放送されたWonder Girls編の『デジタルスケッチ』第5軍大統領の中で、少女時代の部分に関連するお詫びを申し上げます」という文を残した。

制作陣は「Wonder Girlsの履歴を歴史ドラマ形式で多少誇張して表現したところ、最高の人気グループである少女時代を言及せざるを得なかった。この過程で少女時代とファンを不快にしたことをお詫び申し上げ、今後制作時、注意するようにする。その部分は、今後の再放送時に削除または修正するようにします」と明らかにした。

また、「少女時代とファンの皆さん、そしてSMエンターテインメントの関係者の方々に心からお詫び申し上げます」と付け加えた。

同番組の「第5軍大統領」のコーナーでは、Wonder Girlsが軍大統領に上がり、独裁する姿が演出された。この過程で、反旗を翻した兵士たちが、民主化を叫ぶ過程で少女時代のアルバムや写真が踏みにじられ、議論が巻き起こった。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF