【インタビュー】東方神起 デビューからワールドスターまでの道のり(4)<個人>


【インタビュー】東方神起 デビューからワールドスターまでの道のり(4)<個人>
【インタビュー】東方神起 デビューからワールドスターまでの道のり(4)<個人>

Q.人生、または音楽において模範としている人物は誰ですか?

ユンホ:

僕の人生の模範は僕の父です。僕が子どものころ、僕に言葉より行動で示してくれました。だから、僕も歳をとったら、あのように素敵なパパにならなくてはいけないと思っています。

音楽における模範はマイケル・ジャクソンです。今は故人となってしまいましたが、最後までダンスを踊るパフォーマーとして、また良い音楽をするアーティストとして常に新しいことを追求しながら、あの歳までダンスをしながら観客と思いを共有してきたこと、その疲れることのない情熱で、多くの人々に夢と希望を抱かせてきたマイケル・ジャクソンのようになりたいです。

チャンミン:

(人生における模範は)僕達の会社のプロデューサーであるイ・スマン氏で、(音楽における模範は)僕達の会社の作曲家であるユ・ヨンジン氏です。独自の色を維持しながらも、絶えず挑戦するチャレンジ精神を尊敬しています。

Q.最近どんな歌手の音楽を聞いていますか?

ユンホ:

最近はベイビーフェイス(Babyface)のファーストアルバムを聞いています。本当に素敵なプロデューサーだと思います。最近は一昔前のポップとトレンドにはまっていて、それでベイビーフェイスのファーストアルバムを聞いています。

チャンミン:

マルーン5(Maroon 5)の「PAYPHONE」です。

Q.他のアーティストと一緒に活動する機会があれば、誰と活動してみたいですか?またなぜですか?

ユンホ:

皆素晴らしいので誰だと選ぶのは難しいです。僕達とは違った色を持っている方々と一緒にやってみたいです。

チャンミン:

ブライアン・マックナイト(Brian McKnight)から楽曲を受けられればと思っています。尊敬していますので。

Q.ツアーでいろいろな国を訪れて、その国の食べ物を食べる機会が多いと思いますが、一番好きな海外の食べ物は何ですか?

ユンホ:

僕はやっぱり韓国料理が一番好きで、最近は味噌チゲにはまっています。僕はむしろ、僕達の食べ物を皆さんに紹介したいと思っています。特にお勧めの食べ物はカルビで、韓国に来る機会があれば、是非カルビを食べてみることをお勧めします。

チャンミン:

1つだけを選べと言うなら、とっても残酷・・・。正直に僕は全部好きです。

Q.もし歌手にならなかったらどんな仕事をしていると思いますか?

ユンホ:

僕は幼い頃の夢が検察官でした。多くの人に秩序と希望を抱かせる人間になりたいと思っていました。もし、それにもなれなかったら、きっと海外を歩き回って、内面の何かを探って勉強をしていたのではないかと思います。

チャンミン:

今はきっと就職活動中?

Q.結婚の計画について少しだけ教えていただけますか?将来の花嫁はどんな方でしょうか?

ユンホ:

まだ特に計画はありません。よいパパになることだけを考えています。僕は明るい人、どんなことがあっても一緒に笑いながら乗り越えていける人なら良いなと思っています。

チャンミン:

あまり遅くに結婚したくないです。優しくて綺麗で、何よりもお互いを理解し、受け入れてくれる人です。

■ 

東方神起インタビュー

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF