【コラム】今後のK-POPの行方は?日本でもアメリカでもなく・・・中国市場か?


【コラム】今後のK-POPの行方は?日本でもアメリカでもなく・・・中国市場か?
【コラム】今後のK-POPの行方は?日本でもアメリカでもなく・・・中国市場か?

K-POPの今後のカギは、中国にあり?

KpopStarz英語版から届いたコラムを紹介しよう。

韓国本土以外に、今後のK-POPが目指す先は日本でもアメリカでもなく、どうやら中国であるようだ。大手芸能事務所だけではなく、中小規模の芸能事務所までも中国市場でのブランド確立を目指している。日本におけるK-POP市場は、これまでにないほどの飽和状態であるし、潜在ニーズの高いアメリカでは成長スピードが鈍い。この2カ国と比べ、大きな可能性も秘めている中国市場への関心がアツい。韓国の芸能事務所は、これまでになく中国市場に照準を当てている。

中国では、アーティストが一度人気を確立したら、その後も長く愛してもらえることで有名。通常歌手というものは人気の上下が激しいため、この中国ファンの特徴はかなり魅力的だ。さらに中国は土地も広大なので、他と比べて時間もお金もより多く投資することができる。それに一度当たればリターンもかなり良い。

中国で成功した芸能人が、なかなか韓国に戻りたがらないのはそのせいだろう。あるアイドルグループの関係者によれば、「あるアイドルグループのメンバーが10年前に中国で大人気を博したが、未だにあたたかく迎え入れられている。政治情勢などにはあまり関係なく、そのアイドルを忠実に好きでいてくれるファンがたくさんいる」ということだ。

アイドルスター達に対する扱いも他とは異なる。日本のファンは、心から愛情を持ってアイドルに接するが、これは未だに番組露出が成功を左右する韓国と異なっている。それだけではなく、中国では給与面での待遇も良い。ショービジネスへの関心が広がり、エンターテイメント関連コンテンツへの報酬がかなり良いのだ。ある音楽関係者は、「アイドル達は、1回の出演だけで数十万ドルもの報酬を受け得る。韓国ではこんなに儲けられない」とコメントした。

しかしその分、中国での良きビジネスパートナーを見つけるのがとても難しい。中国市場に乗り込むため、リサーチを重ねているある芸能事務所がある。その事務所関係者によれば、「中小規模の会社はSMエンターテイメントやYGエンターテイメントの動向を眺めながら慎重に後を追うしかない。今はリサーチしかできない。中国で成功するのは本当に難しい。中国で信用のおけるパートナー企業を見つけることも本当に大変なので、遅れをとっている」とのことだ。

*この記事はKpopStarz英語版に掲載された記事を下に独自に執筆した記事です。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF