【ストリートダンス対談 #1 】日本と韓国のダンスシーン、職業としての「ダンス」の違い(2)


【ストリートダンス対談 #1 】日本と韓国のダンスシーン、職業としての「ダンス」の違い(2)
【ストリートダンス対談 #1 】日本と韓国のダンスシーン、職業としての「ダンス」の違い(2)

今日のダンスで印象に残っている振りってありますか?

SaUrI:これ(マイクを双眼鏡に見立てたポーズをする)と、これ!(口元を手のひらで拭うような動作をする)印象的だったっていうのだと。韓国って日本と比べてキャッチーな振り付けがすごく多くて、そういうのはお客さんが見て「ウフ、クス、かわいい〜」ってなるから、そういうキャッチーなのすごくいいと思います。そういうポイントがどんどん増えてくといいと思います。女の子から見るとかわいいってなりますね。

◆ 男性目線ではどうですか?

DAIKI:ステージの端でソロをやっていたときに、スポットが当たってたんですけど、それがよかったですね。あれを見て、初めてK-POPのアイドルグループと違うなって。目に見えてわかったので、あれ(2人のソロパート)はもっとやった方がいいと思うけどな〜。

◆ あの部分曲を編集してもっと長くしてもいいですよね。

SaUrI:賛成!

◆ 逆にFeeldog、BARAMから見て日本のダンサーさんはどんなイメージですか?

BARAM:日本のダンサーに会う機会が今までも多かったんです。バトルとか。

Feeldog:あとワークショップとか。日本のダンサーは力が全力で強いイメージです。HIPHOPとかも、例えば本郷さんとか、TAKESABUROさんとか、本当に全力で踊っているイメージなので、そんなスタイルは心に響きます。個性がある。

BARAM:僕はもともとポッピンダンスをやっていたので、ACCKYさん、GUCCHONさん、KEIさん、たまに会いました。昔でしたけど。

DAIKI:今は韓国の方がロックダンスはレベルが高いって言われてるんですよね。

◆ 韓国のダンサーさんと関わる機会はありますか?

DAIKI:ロックダンサーは多少。バトルで。

◆ アンダーグラウンドのダンスシーンについて韓国と日本で違うところってありますか?

DAIKI:うーん、韓国はオールドスクールが少ないですね。どうしてもHIPHOPが多くて。イメージですけど。

Feeldog:韓国はダンサーじゃ生活できないから、ハウスとか有名じゃないジャンルはあまりやる人がいないんです。

SaUrI:質問なんですけど、韓国でダンスで生活できている人にはどういう道があるんですか?例えば日本だとインストラクターをベースでゲストショーとジャッジとかと、メジャーの世界だったらバックダンスや振付師をやったりするんですけど。

Feeldog:それは韓国でも一緒ですね。

SaUrI:ギャランティの額が生活できる程度に出ないというイメージですか?

BARAM:アイドルダンスが流行なので、ストリートダンスよりアイドルダンスの方がお金になる。

Feeldog:バトルでずっと1位とかだったら生活できるんですけど、それ以下は・・・。

BARAM:だからダンサー達がバトルに向けてすごく練習するんです。

◆ 韓国はストリートダンス人口自体は多いんですか?

BARAM:最近は知らないけど、ポッピンダンスは多い。本当多い。バトルのとき200人とかいるから。

Feeldog:HIPHOPは最近女の子がたくさん。

DAIKI:KOD(※アジア最大級のダンスバトルイベント)だとHIPHOPが1000人近く集まって、ポップも5~600くらい集まって、ロックが200くらいかな。

SaUrI:ハウスはないですか?

Feeldog:自分の考えですけど、ハウスは僕昔はずっとステップだけ使うと思って魅力を感じなかったんですけど、だんだんハウスの細かい魅力がわかるようになって本当に面白くなってきました。

BARAM:自分が踊ると本当に面白い。

Feeldog:HIPHOPバトルが終わってすぐハウスバトルがあるんですけど、HIPHOPバトル終わるとすぐ人がいなくなるんで、寂しいです。

DAIKI:日本と同じですね。

SaUrI:それも文化だと思うんですけど、ハウスバトルは応援側もHIPHOPなどとはまた違う、静かに優しい感じがありますよね。

◆ ダンスに詳しくない人から見るとハウスはちょっと分かりにくいとう感じはありますよね。

SaUrI:日本と韓国でも人気ジャンルの感じは似ているのかなと。ダンスを好きな人はハウスのステップも、DAIKIさんもやられるし。でも、ハウスはハマると玄人にはたまらないジャンルですよね!

◆ 韓国にはダンススタジオもたくさんあるんですか?

Feeldog:はい、でもたくさんあるけど有名なのはいくつかだけ。

SaUrI:東京ほどは密集してないんですかね。東京はものすごいダンススタジオがあって、今キッズの小学生とかもダンスをやるので。

Feeldog:日本は小学生とかからダンスやるんですよね。

SaUrI:今日本は小学生とかも習い事としてダンスをやりたい人が多いので、インストラクターとして教えていてもある程度食べていけるような環境ができてはいるんですけど、韓国ではキッズダンサーの事情とかが違いますよね。

Feeldog:それが本当にうらやましいです。韓国は、両親にダンスやりたいと言うと、「ダメ、勉強しなさい」て言われます。

◆ 日本は体育の授業でもダンスが導入されましたよね。

BARAM:僕、運動のために公園に行った時、学生たちがみんなダンスしていて。えー??ってびっくりしました。学生が公園でみんな踊ってるからショック受けました。カルチャーショック。うらやましいです。

◆ だから学校の先生とかもダンスを教えるために習ったりするようになりましたよね。

SaUrI:そうなんですよ。学校の先生が生徒にダンスを教えなくてはいけなくて、その先生にダンスを教えるのがダンサーという仕組みになってます。

◆ 先生にも教えるし、キッズにも教えるんですね。

SaUrI:高校や大学だとどうですか?日本だと高校のダンス部や大学のダンスサークルはすごく盛り上がっているんですけど。

Feeldog:僕もやってました。

SaUrI;その頃にはダンスできる環境が整っているんですね。

BARAM:そうですね。でもあまり正式に、組織で練習するみたいな感じじゃなくて、自分たちで自由に練習する感じです。

SaUrI:例えばその大学のサークルの出身の先輩がダンサーになって、自分の出身サークルに教えに来ますとか、ワークショップやりますとかが最近特に多いんですけど、そういうのもありますか?

Feeldog:はい、ありますよ。僕たちの大学も、ワークショップ来てくれたり。(⇒

もっと読む

(Photo : Kiyori Matsumoto , Text : Kyuyon Kim , Produce : Kiyori Matsumoto & Kyuyon Kim)

【ストリートダンス対談 #1 】SaUrI&DAIKI × Feeldog&Baram (From BIGSTAR) 

(1)

(2)

(3)

【ストリートダンス対談 #1 】SaUrI&DAIKI × Feeldog&Baram (From BIGSTAR)(1)

【ストリートダンス対談 #1 】日本と韓国のダンスシーン、職業としての「ダンス」の違い(2)

【ストリートダンス対談 #1 】印象に残っているバトルは日韓戦!今後の日韓ダンスシーンの交流は?(3)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF