【ライブレポ】SHU-Iが日本に帰ってきた! 「SHU-I LIVE in JAPAN -SO IN LUV-」


【ライブレポ】SHU-Iが日本に帰ってきた! 「SHU-I  LIVE in JAPAN  -SO IN LUV-」
【ライブレポ】SHU-Iが日本に帰ってきた! 「SHU-I LIVE in JAPAN -SO IN LUV-」

SHU-I

が久しぶりに日本に帰ってきた。10月6日、東京・新木場のSTUDIO COASTで「SHU-I LIVE in JAPAN -SO IN LUV-」が開催された。今回のライブは、SHU-Iにとって、もちろんファンにとっても、初めてのオールスタンディング形式のライブ。メンバーは「足疲れませんか?大丈夫?」とファンに声を掛けていたが、スタンディングのステージ前方はファンの密度がギュッと詰まっていて、いつもより近くで5人を見ることができるせいか、フロアの雰囲気も期待でざわめいていた。

今回のライブは、ここ数カ月間韓国に戻ったSHU-Iが、成長した”今の”自分達を見て欲しいと準備した、韓国で発表したした曲と、これからリリースする曲(11月13日に日本最新シングル『SO IN LUV』をリリース)をいちはやく披露したいという思いが伝わってくる構成で、少し”未来の”自分たちと、半年前までのファンと一緒に楽しんだ“過去の”懐かしい曲で一緒にまた楽しみたいという、SHU-Iとファンの新しいスタートを予感させる内容だった。

SHU-Iが日本復帰ライブ開催 ファンと共に新たなスタート【写真10枚】

今回のライブ構成はメンバーで話し合って決めたと語っていたが、この数カ月の間に韓国でリリースした新しい韓国の曲と、日本語の懐かしい曲のどちらも織り混ぜながらの16曲1時間45分はあっという間だった。成長したSHU-Iの姿がそこにあった。

「Don’Be Down(ひるむな)」でスタートすると、スピード感のある今までのチワワコンセプトでは見られなかった男らしいダンスを披露し、「大逆転」「Summer Sweet」と序盤から勢い溢れた展開。「Summer Sweet」の2番で韓国語から日本語へシフトした瞬間、ファンからは「わぁ~!」と歓喜の声が上がった。ペンライトを上下に振る勢いがものすごく強くなる。「盛り上がっていきましょうねー!」という彼らの声に聞き慣れたファンは一気に熱くなる。

SHU-Iが日本ベースに活動をしていた数カ月前は当たり前のコミュニケーションだった「日本語」だが、韓国語で楽曲をリリースし韓国で活動を再スタートさせたSHU-Iが少し遠く感じているファンも多かったはずだ。彼らが日本語で歌い、話す姿をもっと見たい、確かめたいというファンの気持ちが伝わってくる。ヒョンジュンが「みんなの声を聞かせてくれー!」と叫ぶと、ファンは大きな声で応える息の合ったコミュニケーション。5人はステージの端ギリギリのところまで前に出てきて、「JUMP!JUMP!」とフロアを煽る。メンバーの歌声が以前より力強くなっていった。

ファンと一緒に叫ぶクールな「Screem」。拍手の振り付けがキュートな「Kiss My Life」では、ステージの左右へ大きく動き、スタンディングのファンの隅々までアピール。今夏韓国でリリースしたアルバム収録曲は、今回のライブで披露するためにパフォーマンスを全て用意してきたのだろう。彼らのこのライブに賭ける情熱が伝わってくる。

場面転換で流れた映像はラスベガスで撮影したのだろうか。「Candy Rain」へつながるメンバーそれぞれの映像は、夜の異国でレトロな映画のワンシーンのよう・・・。だが、ヒョンジュンが映し出された瞬間、ファンからは笑いが。これもSHU-Iならではのファンとヒョンジュンの戯れで、この笑顔が懐かしくてほっとする雰囲気なのだ。

「Candy Rain」「Lost Love」をシックに歌い上げると、11月13日にリリースされる新曲「SO IN LOVE」のミュージックビデオ(MV)が初披露された。ロケーションはロサンゼルスだろうか、海辺で楽しむ5人の明るい表情が印象的な可愛い映像。さっそく「SO IN LOVE」、カップリング曲の「Hey Girl」もファンに初披露した。

そこから本編ラストまではお馴染みの「ネバギバ Yeah!」「HITORIJIME」「陽のあたる場所」でライブはクライマックスへ突入。何度も聴いた「陽の当たる場所」の歌詞「♪今はきみと遠く離れていても~」が、以前と同じ曲なのに違って聴こえた。空を見上げ、いろんな思いを募らせていたかもしれない。日本のファンを思い出していたかもしれない。SHU-Iは今も夢を追いかけている。歌いながらメンバーがファン1人ひとりの顔をしっかり目に焼き付けるように、フロアを覗き込むように一緒に歌っていた。

アンコールの前に5人からのメッセージ映像が流れた。

「韓国で3カ月活動して、日本のことを忘れたのかなと思ったファンもいたかもしれないけど、僕達5人の夢のために頑張ってきた。日本での活動をあきらめたくない」(インソク)、「1つだけ約束したいことは、これからも何が起こっても僕達はみんなに会いに来るし、みんなと作った3年間の絆を大事にしていきたい。いつまでもSHU-Iと一緒に行こう!」(ミンホ)、「今回のライブは、今までとは違うSHU-Iを見てもらいたいと思って、僕達5人で演出のアイデアを出して作りました。これからも皆さんが僕達を待っていてくれたら、僕達は必ず素敵な歌とパフォーマンスで応えていきます!」(ジンソク)、「長い時間みんなと離れてて、今日やっとみんなの顔が見られて、本当に嬉しかったです。今回のライブは一から十までSHU-Iの力でやってみました。ファンのみんなの不安がちょっとでもなくなるように、楽しいことをたくさんやっていきたいです」(ヒョンジュン)、「SHU-Iのメンバーは僕にとって家族です。日本のファンのみなさんも家族です。これからも僕たちのことを愛してください」(チャンヒョン)

シンプルな白いシャツに着替えて再びステージに登場した5人は、アカペラから「Forever With U」を歌い始めた。歌詞が胸に響きファンはただ立ち尽くして聴き入っていた。「Smile For Me」では観客一緒に大合唱。「みんなの持ってるタオルを出して!」と叫ぶと「ハジマリソング」ではタオルをぐるぐる回し会場のノリも最高潮に。「♪ここからはじめよう!」と歌う「ハジマリソング」から、SHU-Iとファンの第2幕がスタートしたようだ。会場の熱気はしばらく冷めなかった。

SHU-Iが日本復帰ライブ開催 ファンと共に新たなスタート【写真10枚】

(文:Kiyori Matsumoto、写真:MEPLUS)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF