【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!


【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

【ライブレポート】B.A.P、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!

B.A.P、7月13日、「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」ツアーファイナル!@東京・国際フォーラム

Where are you now?

——キミは今どこにいるの?

B.A.Pのライブは、彼らからの問いかけから始まった。

2月のソウル公演からスタートしたB.A.Pのワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR AWAKE!!」は、アメリカ、カナダ、メキシコ、イタリア、ポーランド、オーストラリアなど、4大陸16カ国をまわり30公演を行い、7月13日、東京・国際フォーラムでファイナルを迎えた。

1曲目「WARRIOR」で、♪WARRIOR!ピーッ!とホイッスルの音が会場に力強く響き渡る。いつものB.A.Pだ。だが、そのステージで特に目を引くのは、ステージ右奥にドラマー、そして左にはDJがいた。生のドラムは躍動感とサウンドに重厚感を与え、オープニングからの勢いを一気に加速させた!この構成、もしかしてEdmとかリアルにやってしまうのか!?とワクワクしていると、中盤の「HURRICAN」、「BADMAN」、「DANCING IN THE RAIN」が完全にEdmサウンドにアレンジされていた!重ねる映像のループ感と、グリーンのMATOKIのライトの揺らめき、鼓膜を刺激するホイッスルの音……ホールが巨大なクラブ化した瞬間だった。

そのままの勢いに弾けるスネアのパシッ!とした音がキモチいい「BANG X2」で、メンバーは「叫べー!」と会場を煽る。大きな波にライドオンするみたいに、最高に盛り上がった後の静寂など、SETLISTの緩急が心憎い。

ワイルドなB.A.P、楽しいB.A.P、日本語も頑張るB.A.P、スタイリッシュなダンスで釘づけにするB.A.P、RAPで魅了するB.A.P、歌をじっくり聴かせるB.A.P、曲と一緒に彼らの進化した今の姿を披露する。そしてこの日は、ジョンアプ、デヒョン、ZELOがソロステージでまた新しい一面を見せた。

デヒョンの「一緒に歌ってください」で場内は明るくなり、本編ラストの「WITH YOU」はメンバーとファンがお互いの顔を見ながら一緒に歌った。♪WITH YOU~とメンバーの声を追いかけ、ぴったりついて行くファンの歌声で、幸せなフィナーレを迎えた。

アンコールでは、ナレーションと共に「僕たちは最後まで走る」「それがまさしくB.A.P」の文字に、会場は再び熱い歓声に包まれた。

メンバーはそれぞれの言葉で、ファンに対して愛情のこもった挨拶をした。「今年は良く会えて嬉しいです!いつも皆さんのことを考えているから、浮気するなよ!本気だから。また会えますよ、またね」(ヨンジェ)、「私には、皆さんだけ。愛してる」(デヒョン)、「皆さんがいるから、ステージの上で、生きている実感がわきます」(バン・ヨングク)

事前にマスコミに配布されていたSETLISTは「EXCUSE ME」で終わっていた。ステージのヒムチャンが「コンサートの最後だから、もう1曲、欲しいですかー!?」と叫ぶと、会場からはギャー!に近い歓声が巻き起こり、熱狂のまま「BANG X2」でワールドツアーは幕を下ろした。

B.A.Pはデビュー時から一貫して、彼らの表現の場(ライブ)で、自分たちの考え方や姿勢の軸が全然ブレない。エンタメの場で世界平和を唱えることは簡単そうで難しい。でも彼らは、現実から目をそらさない。最初からずっと、世界から戦争がなくならない現状を訴え、未来の平和を語り続け、そのために今自分は何が出来るのかを問い続ける。今、私達はどこにいて、なにを考え、なにをしている?と、B.A.Pのライブの中で、普段見過ごしてる気持ちを呼び起こされる。

AWAKE!!

(text:Kiyori Matsumoto  / photo:尾形隆夫)

SET LIST

01. WARRIOR(JPN.ver)

02. WHAT THE HELL

03. NO MERCY(JPN.ver)

04. SPY

05. BE HAPPY

06. FEEL SO GOOD(JPN.ver)

07. CARNIVAL

08. HURRICAN(JPN.ver)

09. BADMAN

10. DANCING IN THE RAIN(JPN.ver)

11. BANG X2

12. ONE SHOT(JPN.ver)

13. KINGDOM(JPN.ver)

14. 1004

15. WITH YOU

16. YOUNG & WILD, FREE

17. EXCUSE ME(JPN.ver)

18. BANG X2

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF