【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」


【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」
【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」

東方神起ユンホと俳優ソン・ホジュンが行きたい場所は?, BEASTヨソプ、バーチャル世界を体験中のメンバーの姿を公開!“爆笑”, 【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」, 少女時代テヨン、ハンサムな兄とそっくり「髪の短いテヨンだ」, BIGBANG G-DRAGON、“疲れていても強烈な目つき”セルフショット公開!

東方神起ユンホと俳優ソン・ホジュンが行きたい場所は?, BEASTヨソプ、バーチャル世界を体験中のメンバーの姿を公開!“爆笑”, 【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」, 少女時代テヨン、ハンサムな兄とそっくり「髪の短いテヨンだ」, BIGBANG G-DRAGON、“疲れていても強烈な目つき”セルフショット公開!

東方神起ユンホと俳優ソン・ホジュンが行きたい場所は?, BEASTヨソプ、バーチャル世界を体験中のメンバーの姿を公開!“爆笑”, 【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」, 少女時代テヨン、ハンサムな兄とそっくり「髪の短いテヨンだ」, BIGBANG G-DRAGON、“疲れていても強烈な目つき”セルフショット公開!

東方神起ユンホと俳優ソン・ホジュンが行きたい場所は?, BEASTヨソプ、バーチャル世界を体験中のメンバーの姿を公開!“爆笑”, 【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」, 少女時代テヨン、ハンサムな兄とそっくり「髪の短いテヨンだ」, BIGBANG G-DRAGON、“疲れていても強烈な目つき”セルフショット公開!

東方神起ユンホと俳優ソン・ホジュンが行きたい場所は?, BEASTヨソプ、バーチャル世界を体験中のメンバーの姿を公開!“爆笑”, 【レポート】イ・ミンホ、 映画『江南ブルース』記者会見、「20代前半の若者たちは、これからどうやって生きていけばいいのか考えている」, 少女時代テヨン、ハンサムな兄とそっくり「髪の短いテヨンだ」, BIGBANG G-DRAGON、“疲れていても強烈な目つき”セルフショット公開!

7月12日、パシフィコ横浜で、今秋公開映画『江南ブルース』のプレミア上映会と、イ・ミンホ来日記者会見が行われた。イ・ミンホの映画初主演作『江南ブルース』は、韓国で2015年1月に公開されると200万人を超える観客動員記録を打ち立てたアクション大作。

今作でイ・ミンホは、今まで演じてきた財閥の御曹司やロマンチックな役とは違った、どん底から這い上がっていく役、主人公のジョンデを演じ、「背景(映画の舞台は1970年代~)は変わっていますが、現代にも置き換えられることだと思いました。今でも20代前半の若者たちは、青春を謳歌しながら“これから、どうやって生きていけばいいのか”、“どうすれば、良い人生を送れるのか”、ということを考えていると思います」と語った。

未開拓の江南エリアの、土地の利権争いが激化する中、政治家、ヤクザが命を懸けて奪い合いをする。 大変だったシーンを聞かれたイ・ミンホは「アクションシーンの中でハイライトにあたる部分なのですが、泥の中でのアクションシーンがありました。そのシーンは1週間くらい撮影が続いたのですが、150人くらいの役者の皆さんと一緒に苦労して撮りました」と答えた。

泥の中での150人の壮絶な乱闘シーンがなど、激しいアクションシーンも多い。撮影中のケガは?の質問に対して、

アクション映画を撮るときには、多少のケガはつきものですよね。 僕の場合は大ケガはありませんでしたが、小さなケガはありました。例えば、足の爪が少しはがれてしまうとか、どこかを捻ってしまうとか」と答えると、続いて、今作品に出演したことで変化したについて、「実はこれまで、映画の出演を少しさけていました。それには理由があります。映画というジャンルの特性上、主演を演じると責任をたくさん担っていかなければならないのです。さらに、重厚な感情、深みのある感情を消化して演技しなければならいということもありますので、そういったことを自分自身で受け入れられる年齢になった時に、映画を本格的にスタートしたいと思っていました。そして今回、まさにスタート地点が映画『江南ブルース』になりました。これからは、ドラマや映画を行ったり来たり渡り歩きながら、深みのある感情を表現して、成長していきたいと思っています」と笑顔で会見を締めくくった。

映画『江南ブルース』は、10月17日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国公開。

(text&photo:Kiyori Matsumoto)

◆映画『江南ブルース』公式サイト

 gangnam-blues.com

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF