【レポート】ミュージカル『ON AIR~夜間飛行~』 ケビン(U-KISS)編(1)ケビン?ジェイ?現実と演技のボーダーがわからなくなる!?


【レポート】ミュージカル『ON AIR~夜間飛行~』 ケビン(U-KISS)編(1)ケビン?ジェイ?現実と演技のボーダーがわからなくなる!?
【レポート】ミュージカル『ON AIR~夜間飛行~』 ケビン(U-KISS)編(1)ケビン?ジェイ?現実と演技のボーダーがわからなくなる!?

2月5日、東京・六本木ブルーシアターで、ミュージカル『ON AIR ~夜間飛行~』が幕を開けた。この作品は、日韓の人気スターが共演し、セリフの大半を日本語で演じることでも注目されている。主人公ジェイ役はトリプルキャストで、超新星ユナク、TEENTOPチョンジ、U-KISSケビンが演じる。今回KpopStarz日本語版は、3人のジェイそれぞれの公演をレポートする。同じ役でも、観客と一緒に作るシーンがあるので、それぞれのカラーの違いが出るはずだ。

初日、ジェイを演じるのはU-KISSのケビン。記者会見では相手役(愛加あゆ)に「癒し系」と言われていたが、どんなジェイを演じるのだろう。

物語は、アイドルグループ<SPARK>の2年前のコンサートシーンから始まる。<SPARK>のリーダーとしてデビューし、人気絶頂。メガ放送のホールでコンサートを行い、ジェイは軍に入隊した。ところがジェイは休暇中に脱走騒動を起こして、イメージダウンの大打撃を受けてしまう。<SPARK>は存続の危機に陥り、そんな中、メンバーのナンバー2と言われていたケルビン(Apeaceヨンウォン)がソロデビューの道を選ぶ。いつしか<SPARK>は世間から忘れ去られようとしている頃、除隊したジェイが活動の場を日本に移し、再び芸能界に戻ってきた。ラジオDJとして、韓流ラジオ番組「ON AIR~夜間飛行~」の仕事を始め、そこで番組担当ディレクターのアヤと出会う。ジェイとアヤは、ぶつかり合いながらも少しずつ絆を深めていく———。

さて、ミュージカル『ON AIR ~夜間飛行~』は始まったばかりなので、細部には触れずに書こうと思うが、この作品がトライしてる「観客と一緒にシーンを作る」という試みが素晴らしい。このチャレンジは主演ジェイ役を演じる者に大きなプレッシャーを与えているだろう。いや、もしかしてドMだったら演技を超えた快感を得られるはずだ(笑)。出演者は、自分が失敗しなければ、ある程度想像どうりに展開していく流れとは違い、その日の現場の「ノリ」で、作品の到達する世界が大きく変わってくるというところに、見る側は面白さを感じる。用意されたセリフではない「会話」で、場を楽しむスリルがある。そのせいか、リアル感が増し、どこまでがケビン自身で、どこからがU-KISSのケビンで、さらにどこからがジェイなのか、見ていてわからなくなる不思議な感覚に陥る。セリフではない言葉を語るジェイは、ラジオに寄せられたメッセージや悩みに答えながら、その言葉はケビンが思っていることだったりするからだ。大きな器があって、その中にいろんなパラドックスを含んでいるような、ところでリアルって?と、現実さえもわからなくなりそうな実に興味深い演出だ。 (⇒

もっと読む

(text&photo:Kiyori Matsumoto)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF