【レポート】防弾少年団、「JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」開催!(2)「離れていてもいつも心はそばにいること忘れないで」


【レポート】防弾少年団、「JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」開催!(2)「離れていてもいつも心はそばにいること忘れないで」

【レポート】防弾少年団、「JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」開催!(2)「離れていてもいつも心はそばにいること忘れないで」

【レポート】防弾少年団、「JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」開催!(2)「離れていてもいつも心はそばにいること忘れないで」

【レポート】防弾少年団、「JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」開催!(2)「離れていてもいつも心はそばにいること忘れないで」

防弾少年団が、日本オフィシャルファンミーティングツアー「防弾少年団JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.3 ~君に届く~」を開催。11月29日に国立代々木競技場 第一体育館で開催された東京公演2日目の模様をお届け!

最後のミッションは「防弾ゲーム」。「斎藤さんゲーム」の防弾バージョンで、メンバー全員がクリアした後に「防弾です!」を言うことができれば成功。最初はなかなかリズムが合わなかったり、スローバージョンで行うなど、何回も挑戦してようやく成功。

ここでミッションクリアのプレゼントとしてトレンディエンジェルの2人がステージに登場。メンバーと一緒に「斎藤さんゲーム」に挑戦し、見事1回で成功した。斎藤さんは「歌の方でもコラボしたい」と感想を述べ、「Blood Sweat & Tears」を歌ってパフォーマンスするなどし、メンバーとファンに楽しい時間をプレゼントした。

続いて「準備はいいですか~?」という掛け声で「フンタン少年団 (Japanese Ver.)」のライブがスタート。会場中のテンションを上げる楽しいパフォーマンスが終わると、ユニットステージへ。SUGAとJ-HOPEの「お疲れ Song」だ。この歌はSUGAとJ-HOPEが制作。トロット風の曲に「お疲れ様でした」というフレーズを組み合わせた歌だ。2人はキラキラのジャケットとコミカルなダンスでファンを楽しませた。

その後Vは「楽しんでますか~?盛り上がってますか~?叫べー!」と言って会場をさらに熱くし、トークへ。

RAP MONSTER「さすが東京、盛り上がりますよね~?」JIMIN「歌も一緒に歌ってくれて僕本当に感動しました」V「そうですね、ARMY(防弾少年団のファンクラブ)本当によくできました」

続いてJUNG KOOKが「JIN兄さん、ギターはいつの間に練習しましたか?本当に本当にちょっとだけ、格好良かったです」と冗談を言うと、JINは「ちょっと?僕はカッコいいですよ!ギターはファンミーティングのために頑張って練習しました」

これにVが「JUNG KOOKは嫉妬ですか?」と言うと、JUNG KOOKは「はい、嫉妬です。僕もギターやりたいです。ギターよりピアノやりたいです」と言って、JINの背中を鍵盤に見立ててピアノパフォーマンスを披露、さらに上達した日本語の軽快なトークでファンを楽しませた。

そして「ペップセ -Japanese Ver.-」「FIRE -Japanese Ver.-」のライブ。力強いヒップホップナンバーが続き、メンバーのワイルドでカリスマ溢れるパフォーマンスが会場を熱気の渦に包みこむ。

熱気が冷めない中、JIMINが「皆さん最後の曲となりました」と述べ、会場から「え~!」という名残惜しむ声が。JIMINは「僕も本当に寂しいけど、次の曲は全員が待っていたと思います」、JINも「ここにいる皆さんの前でこの曲を歌うことができてとても嬉しいです。皆さんお聞きください」と期待を高めた。

メンバーたちは背後から青いスポットライトに照らされ、メインステージか