【レポート】ZE:Aドンジュン、ミュージカル「宮」で皇太子シンを演じる!


【レポート】ZE:Aドンジュン、ミュージカル「宮」で皇太子シンを演じる!
【レポート】ZE:Aドンジュン、ミュージカル「宮」で皇太子シンを演じる!

3月25日(火)東京・渋谷、ベルーサル渋谷ファーストにて韓国ミュージカル「宮」の記者会見が行われ、ZE:Aドンジュンが記者会見に出席。

主役の皇太子イ・シンを演じるドンジュンは今作への出演オファーを振り返り、「このミュージカルに出演できたことを感謝します。原作はドラマ化もされ、おもしろい作品なので、僕自身このドラマを楽しく観ていたんです。だからすぐに出演を決めました」と笑顔で話した。

ドンジュンはミュージカル「アラジン」(2011)、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2012)と既にミュージカル出演経験があり、今作が3作目の出演になる。「今回がミュージカル3回目となります。楽しくて、おもしろいこのミュージカル作品に参加することができて、ワクワクしています。「宮」で僕の新しい魅力を見せます。ファンのみなさんも、ミュージカルファンのみなさんも、期待してください!」と熱く語った。

そして記者会見は個人撮影、集合カットの撮影へと移るのだが、個人カットの撮影のために再びマスコミの前に現われたドンジュンは、撮影前にカメラマンに「かっこいい写真を使ってください!かわいい写真も大丈夫!」と満面の笑顔で日本語でリクエストし、場内をほっこり笑顔にした。

会見にはドンジュンのほか、同じイ・シン役のテミン(SHINee)、スヒョン(U-KISS)、フン(U-KISS)、イ・ユル役のキソプ(U-KISS)、ユジュン(TRITOPS)も出席した。

(Text:Kiyori Matsumoto, Photo:Akiya Uchida)

■【レポート】SHINeeテミンが皇太子シン役に挑戦!ミュージカル「宮」記者会見」

■【レポート】U-KISSスヒョン、フン、キソプ、ミュージカル「宮」記者会見を堪能な日本語で大いに盛り上げる!

■「ミュージカル 宮」とは

「もしもまだ韓国に王室が続いていたら…?」という斬新な設定の韓国の人気少女マンガを原作にした皇室を舞台とするラブ・ストーリー。韓国で2006 年にドラマ化(『宮~Love in Palace』)され、世界23 か国で放送されるなど大ヒットを記録。

■ストーリー

韓国に今も皇室制度が存在したら・・・

皇太子イ・シンは皇帝の病の悪化により、皇太后から前皇帝が決めた許婚と結婚するように命を受ける。その相手は一般庶民のシン・チェギョン。借金の取立てに苦しむ一家を救うため、チェギョンは一念発起して、シンと結婚することに。

一方、父親の死によって皇太子の座を奪われたシンの従弟イ・ユルが母親と共に英国から帰国。家族のためにシンと結婚したチェギョンだが、宮廷生活に苦しみながらも次第にシンに惹かれていく。しかし、ユルもチェギョンに惹かれていくという複雑な関係に・・・。やがて、皇位の座やチェギョンを巡ってシンとユルの対立は深まり、皇室を巻き込んでの大きな事件に発展していく。

【公演概要】

韓国ミュージカル『宮(クン)』

 [公演日時]2014年5月10日(土)~24日(土)※全25回/予定

 [会場]赤坂ACTシアター(港区赤坂5-3-2)

 [出演者]ドンジュン(ZE:A)、テミン(SHINee)、スヒョン/キソプ/フン/ケビン(U-KISS)他

 [料金]全席指定 13,500円(税込)

※未就学児童の入場不可。韓国語上演、日本語字幕あり。

■一般発売:2014年4月12日(土)10:00~ チケットぴあ他にて発売

■問合せ:東京音協TEL 03-5774-3030 /10:00~17:30(土日祝を除く)

■主催:(株)Creative Leaders Group8

■企画・製作:(株)Creative Leaders Group8

■協力:ぴあ株式会社/東京音協

『宮(クン)』オフィシャルHP 

http://www.musicalgoong.com/

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF