【単独インタビュー】フィルドッグ(BIGSTAR)①美術を志して、高校では陶芸を専攻してたアート系


【単独インタビュー】フィルドッグ(BIGSTAR)①美術を志して、高校では陶芸を専攻してたアート系
【単独インタビュー】フィルドッグ(BIGSTAR)①美術を志して、高校では陶芸を専攻してたアート系

単独インタビューって今までやったことありますか?

韓国でもやったことないので、初めてです。

◆生まれた場所はどこですか?

フィルドッグは釜山です。生まれてからずっと釜山です。

◆どんな赤ちゃんだったと聞いてますか?

僕はとっても小さな赤ちゃんでした。3000gも超えてない。でも生まれてすぐに太りました(笑)。

◆本名は?

オ・ガンソクです。これは光輝いて成長するようにという意味です。僕が生まれる前に、お母さんが夢を見ました。小さいスイートポテトの夢で、お母さんは「小さいからいらない」と捨てようとしたら、おばあさんが「これは小さいけど本当に大切だから、しっかり持っていなさい」と言ったら、その後僕が生まれたって小学生の時に初めて聞きました。名前は僕のお父さんとお母さんがつけてくれました。

◆兄弟はいますか?

1才上のお姉さんがいます。仲がいいです。あ!高校3年生まではいつもケンカしてました。僕はいつも絵の勉強をしてて、お姉さんと話すことがないから。高校3年生から、僕も成長したのでケンカをしなくて話せるようになりました。

◆お姉さんのことをなんて呼んでいますか?

ヌナ、ふふっ(笑)。いつもはヌナですけど、時々名前の「ハンナ」って呼びます。お姉さんは僕のことを「ヤー」って呼びます(笑)。お姉さんの性格はシックです。クールで静かです。僕と正反対。

◆小さい頃は、どんな子でしたか?

いつもヤンチャでした。いつも外で遊んでいました。公園で乗り物に乗ったり、砂場や鬼ごっこをしていました。

◆大きな怪我とかしませんでしたか?

これ見えますか?(と額の傷跡を見せる)2歳の時、まだ歩く前にハイハイしていて家具の角にぶつけました。

◆えーっ!大変じゃない!血が出たでしょう?

はい。お父さんがびっくりして、僕が傷を触らないように布団でくるんで病院に連れて行きました。子供だから麻酔ができなくて、すぐに縫いました。30針!でも、小学生の時に手術して少し傷跡が小さくなりました。本当に大きな怪我。今でも僕のコンプレックスで、だからあまり前髪を上げたくない。

◆大丈夫、目立たないですよ!では幼稚園ではどんな子でしたか?

家の近くで、蟻幼稚園というちょっとおかしな名前でしょ(笑)。クラスはうさぎ組!幼稚園の時、初めてお父さんと一緒に絵を描きました。お父さんは僕の顔を描いて、僕はお父さんを描いたんですけど、お父さんが描く絵を初めて見ました。今でも覚えています。本当に上手でしたから。

◆お父さんはどんな仕事をしているんですか?

トロフィーのデザインと製作。

◆うわぁー!カッコいい!!

芸術の才能はお父さんからもらいました。

◆フィルドッグ君はいつから絵が上手だったの?

僕は小学1年生で賞をもらいました。学校の景色を描いて表彰されたので、僕は気付いていなかったけど、周りの人や先生から「絵の才能がある」と言われました。

◆フィルドッグ君は運動神経もいいでしょ?

はい。小5の運動会のリレーの選手に選ばれて1位になって、運動の可能性もあるね!って思いました(笑)。

◆子供の頃、将来何になりたかったんですか?

小1のときは、「僕、夢がまだないんだけど、なにがいいかなぁ」って言ったら、お母さんが「大統領になりなさい」って言いました(笑)。警察官、お笑い芸人、そこから後はずっと画家になるのが夢でした。

◆お母さんは厳しい?やさしい?

勉強するときは厳しいけど、他のときはいつもやさしい。お父さんはいつも厳しい。釜山の男ですから。

◆小学生の頃はどんな子でしたか?

小学校はまあまあの大きさで、1学年8クラスでした。僕はヤンチャで社交的で8クラスの全員と仲が良かったです。全員の名前も知ってるし。

◆リーダータイプだったんですか?

小学校、中学校、高校、ずっとクラス委員でした。

◆勉強の成績は?

まあまあ…普通よりちょっと下。得意科目は美術。文系でも理系でもなくて芸術系。

◆部活とかは?

中学生からインラインスケート部と似顔絵部に所属していました。似顔絵部で賞をもらいました。中学2年の夏休み、僕には夢がなくて、画家になりたいけど…ホントになれるかなぁ、と自信がなかったんです。それでお母さんに「絵のアカデミーに行きたい」と言いました。でも中学2年生から始めるのは遅い。絵の高校に入るために試験がありますけど、3~4年準備しないとだめなので、できるかなぁって心配でした。だから中2の夏休みから1年半ずっーとアカデミーで絵を習いました。

◆得意なのはデッサン?

はい、デッサンです。白い石膏像を描いてました。毎日4限目の授業が終わるとアカデミーに行って、夜までデッサンしました。そのおかげて高校に合格しましたよ。

◆おめでとう!高校は芸術系の高校に進学したのね。

はい。でも一番行きたかった学校より少し下だったんだけど、勉強を始めたのが遅かったから、第二志望の学校だけど嬉しかったです。建築とインテリア、陶芸、コンピューターグラフィック、写真の4学科のある芸術学校で、僕は陶芸(笑)。

◆ええっ!?陶芸!?(笑)

絵もいいですけど、僕は絵より何かを作る方がもっと好きだから、3年間いつも陶器を作っていました。いろいろ作りましたよ。皿やカップや花瓶を作ってました。国からのライセンスも持ってる。

◆うわー!スゴイ!!

国から貰うライセンスなので、先生も出来るから、僕はこのライセンスで食べていけます!(笑)

◆作品を見たいです。

僕は今歌手だから、見せてあげる機会がないけど、機会があればファンのみなさんに陶芸の姿を見せたいです。

◆今まで作った作品で一番気に入っている作品は?

韓国のお菓子のブランドで「クラウン」って知っていますか? 「クラウン」で、お菓子を使って陶器をつくるコンテストがありました。そのコンテンストに4人のチームで参加して賞をもらいました。映画の「カリブの海賊」をイメージして作りました。

◆すごいですね。将来陶芸教室の先生とかやってるんじゃない?

うん、レファンさんのお母さんが家で陶芸のスタジオをもってます。ろくろとか窯を持ってるので、休みのときに必ず行きたいと思います。僕は作ることが好きだから、高校生のときは熱中して楽しかったです。 

(⇒

もっと読む

 

【単独インタビュー】フィルドッグ(BIGSTAR)①美術を志して、高校では陶芸を専攻してたアート系  

【単独インタビュー】フィルドッグ(BIGSTAR)②JYPの練習生を経て、アンダーグラウンドのストリートダンスに目覚める 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF