【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①


【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeaceのライブ検証インタビュー。「6周年記念公演」を検証する!①

昨年好評だったApeaceの「ライブ検証インタビュー」。6月29日に行われた6周年記念公演をApeaceが検証する!

ー去年前半、Apeaceの定期公演について「ライブ検証インタビュー」を行って来ましたが、今日は久しぶりにその感じで6月29日に行われた「6周年記念公演」を振り返ってみたいと思います。

全員:はーい!よろしくお願いしますー!

ー「6周年記念公演」を振り返って、良かったところ、まだ満足していないところを教えてください。

ワンチョル:6周年ライブなので張り切ったんです。ファンの皆さんに、僕たちがどこまで成長したかを見せるために、僕たち張り切って頑張ったんです。

ゴンヒ:そうですね。今回僕たちは、死ぬ気でダンスの練習をしたから、すごく大変だったんですけど、ファンの皆さんは楽しめたんじゃないかなと思います。

ジュンシク:僕たちが大変でも、ファンの皆さんが楽しんでくれれば、それでいいと思います。

全員:おぉ~!(拍手)

ー2時間超えるセットリストでしたね。

ヨンウク:昼は2時間30分くらいやりました。

ドゥファン:見せられることは全て見せよう!って気持ちでセットリストを作ったんですけど、時間が限られてて、でも見せたいものが多くて、長くなっちゃったけど、僕的にはすごく楽しいライブでした。ジヌさん、ヒョンソンさんも復活して、久し振りに姿を見せられたのも良かったなと思うライブでした。

ヨンウク:今回のライブの覚悟はいつものライブの時より強かったんです。「今日は身体が折れるくらい、みんなで踊らないと楽しめない!」って気持ちでした。もしここで、少しでも弱めにしたら、次の日絶対後悔するだろうなって思って。みんなそういう気持ちで踊って歌って、遊んでいたと思います。

ー後悔するところは全然ない!という感じなんですね!

ヨンウク:はい。なぜなら今身体が・・・かなり疲れてます(笑)。でも精神はかなり明るいです!

 

ー今回のテーマ「Cheer on the run」は、どういう意味が込められていますか?

ゴンヒ:僕たちApeaceが今までずっと頑張ってやってきたじゃないですか。ファンの皆さんも僕たちに着いてきて、一緒に頑張って応援してくれるので、みんなでパーティーをするみたいに、みんなで楽な気分で楽しみましょう!遊びましょう!って感じのタイトルだったんじゃないかなって思います。

ヨンウク:頑張って一緒に走ろう!みたいな。

ドゥファン:Angelpeaceもそれぞれ忙しい中、時間を作ってApeaceのライブに来てくれて、僕たちは応援していただいてる立場なんですけど、僕たちからもAngelpeaceを応援していますよっていう気持ちを込めて、ライブが見せられたら嬉しいなという気持ちを込めて準備しました。

ー今回のセットリストの構成を教えてください。どのような流れで組みましたか?

スンヒョク:やっぱり6周年だから、いろいろな、たくさんのことを見せたかったんです。だからセットリストには盛り上げる曲を増やしました。

ーオープニングはカワイイ感じで始まりましたよね。

全員:そうですね。

スンヒョク:カワイイ感じからカバー曲をやって、その後ダンスメドレーです。その後にピアノで今までの曲のメドレーをやって、ジヌとヒョンソンさんのコーナーがあって、その後のブロックは、僕たちから「ありがとう、愛してる」って気持ちをファンに伝えて歌ってあげようって思って、ラブソングを準備したんです。「Season of Love」は歌詞がちょうど1年の季節を歌っていたから。

ーそこから後半はダンス!

ヨンウク:はい、そうですね。

スンヒョク:ここからがもう、みんな大変でした。

ーそんな中で、ジヌ君、ヒョンソン君はApeaceのステージに戻ってきた感想は?

ジヌ:この前5月に出た時は、パフォーマンスは見せなかったんですけど、6周年公演という素敵な公演のステージに立つことが出来て嬉しかったです。でもセットリストを見たら、これちょー大変だなって思って、自分もそのテンションに混じっていかなきゃと思って、超一所懸命やったんですけど。

ー自分のことをイケメンと歌う人を初めて見ました(笑)。

全員:あはははっ!!!

ジヌ:周りからも、こんな曲初めて聴いたって言われました(笑)。ホントそんなキャラで、オレ俺様って感じで、「俺はイケメン」って言ってるキャラなんで、まっ、それが事実だし。

ーそれが事実だし、ってサラッと言いますね(笑)。

スンヒョク:ナマイキです!(笑)

ジヌ:そんな感じです。やっぱり俺は芸能人だなあって思いました(笑)。

ー会場のペンライトが赤くなってましたね。

ジヌ:そう。それを見て、俺はもっと頑張らなきゃって思いました。Apeaceのメンバーが頑張ってやってきたところに、邪魔にならないように、もっと2倍3倍4倍、そのくらい俺はもっと頑張らないとダメだって感じました。

ヒョンソン:僕はやっぱり久し振りに、2年半ぶりにファンの前で歌うから、リハーサルの時はすごく緊張してたんですけど、本番の時は、VTR終わって最初に照明がパッきたら、ファンの皆さんが見えるから、本当に心臓が爆発しそうでした。

全員:お~!

ヒョンソン:心臓が爆発する前の感じで、あぁ、これか!って思いました。すごく心を込めて一生懸命歌いました。良かったです。リハーサルの時は緊張して、心配の方が大きかったんですけど、本番の舞台に上がったら、すごく気持ちが良かった。

 

ーグループを離れていた間に、Apeaceのダンススキルがかなり上がったと思うんですけど、それを見てどう感じてますか?

ヒョンソン:もう、これから頑張らなきゃ!ですよね。身体が折れるくらい踊らなきゃ!って感じです。前に比べて、すごくダンスが増えたじゃないですか!

ジヌ:増えすぎた。

ヒョンソン:増えすぎて、昔よりApeaceのメンバーたち、体力すげぇな!って思いました。(⇒

もっと読む

(photo&text:Kiyori Matsumoto)

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

 【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

 【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF