【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④ 「あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで!」(ウォンシク)


【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④   「あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで!」(ウォンシク)

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④   「あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで!」(ウォンシク)

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④   「あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで!」(ウォンシク)

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④   「あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで!」(ウォンシク)

ヨンウォンさんはこれからウォンシクさんへリーダーを引き継ぐことになりますが、どんな言葉を送りますか?

ヨンウォン:最近、自分が引っ張っていくっていう考えが出てきて、すごく積極的になりました。前は全員がバタバタしていて、ウォンシクが積極的なところも、僕が見えなかったんだけど、「あぁ、この人はずっと先のことも考えている」ってわかるので、それを見ていたら、僕がなにも言わなくてもわかってると思います。ウォンシクはたぶん僕よりマジメだし、早起きする人間です(笑)。ちょっと心配しているのは、疲れるのが早いんです。

◆体力が心配?

ヨンウォン:あ、身体が疲れるのが早いんじゃなくて、

ウォンシク:メンタルが弱いんです(笑)。

ヨンウォン:僕もメンタルは弱いんですけど、僕は「はぁ~疲れたなぁ」と思いながらも、ずっとやり続けるタイプなんです。ウォンシクは、頭が爆発して、意外に短気かもしれないです(笑)。来年のApeaceは進化すると思うんですけど、進化するそばに僕がいれないことが悔しいだけです。

◆次は自分がリーダーになるんだなってことを、ウォンシクさんはいつ頃から意識し始めましたか?

ウォンシク:2015年、ヨンウォン兄さんがずっと引っ張ってくれて、僕は二番目にお兄さんだから、ヨンウォン兄さんがやることを手伝ったりしてきました。今までは安定的にライブをやってきましたが、2016年はもっと前へ行かなきゃいけない状況じゃないですか。だからヨンウォン兄さんがやってきたことを見てきたので、これを基本にやりつつ、その上に何が出来るのかなって、9月くらいから自分なりに考え始めました。

だけど考えすぎちゃって、今僕の頭の中はバタバタしている、そんな感じですね。

◆ちなみに、メンバーの中で誰が一番メンタルが強いと思いますか?

ヨンウォン:いろんなことを考えなくていい若いメンバーが強いと思うんですが、

ウォンシク:セヒョン?

ヨンウォン:うん、セヒョンも強いと思う。だけどやっぱり、僕はウォンシクが一番強いと思います!

ウォンシク:あ…責任感が…(笑)。

ヨンウォン:他のメンバーたちについては、心配はまだまだあります。それは正直ホントあります。でも、みんな頑張ってるし、みんなで作るApeaceなので。

ウォンシク:お兄さんが「心配心配」って言うんですけど、来年からApeaceがどれくらい大きくなるかわからないですから、ヨンウォン兄さんが2年後に戻ってきた時に、ついて来れるのかが心配です!(笑)

◆では最後に、お互いにメッセージを。

ウォンシク:僕から言います。僕はApeaceに入ったきっかけもヨンウォンお兄さんだったし、僕が年をとって、ヨンウォン兄さんの娘・息子と、僕の娘・息子を結婚させたい気持ちがあるんです!

ヨンウォン:イヤ!(否定)それ、ウォンシクがひとりで考えてるんですよ!アイドルは結婚しません!!

ウォンシク:ハハッ。僕は孫を一緒に見たいから。

◆一生、家族付き合いしたいんですね(笑)。

ウォンシク:はい、そのくらいのつもりです!

ヨンウォン:ここで出会った縁は、Apeaceで終わらせてください!!(笑)

ウォンシク:僕はずっと一緒のつもりだから!!(笑)もう、心配とかしないです!ただ精神的にもいろいろ疲れていると思うから、軍隊に行って、自分なりに整理する時間だと思うので、休んできてくれ!ちょっと若くなってきてくれ!!

ヨンウォン:若くはならないと思うよ。

ウォンシク:あとは僕たちがちゃんとやるから心配しないで。自分のことを整理する時間にしてください。

◆「日本語忘れないでね」ってファンからの声もありませんか?

ヨンウォン:ありますね。もちろん入隊中も勉強するつもりなんですけど、2年だと、相当忘れるかもしれないです。それがちょっと淋しいんですけど、また戻って来たとき、ファンの皆さんが待っててくれるなら、それだけで僕は、誰よりも頑張れると思うので、楽しみにしていてください。

◆最後にヨンウォンさん、メッセージを。

ヨンウォン:僕は…僕がいないApeaceは想像したくないんですけど、でも、韓国の男だから、一度は誰でも行かなきゃいけないので、行ってきます。グループはいろいろ大変な時期かもしれないけど、そういうときに僕がメンバーから外れてしまうことを、申し訳なく思っています。でも、この11名で、映画の中で言ったとおり、Apeaceは僕の誇りだから、僕が帰ってきたとき、いくら調子に乗っててもいいから、今よりすごく成長したApeaceを見たいし、メンバーを見たいです!

(text:Kiyori Matsumoto / photo:Ryosuke Oshiki)

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談①

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談②

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談③

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace リーダー引継ぎ対談④

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF