【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。


【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace6周年記念公演を検証する!③ファンとハイタッチする時「武道館まで連れてって」と言われて嬉しかった。

 

 

 

今回2名が戻ってきて新体制がスタートしたと思いますが、今の意気込みを聞かせてください。

ゴンヒ:Angelpeaceとの約束を守ったという気がしています。

ーどんな約束ですか?

ゴンヒ:軍隊が終わって、また戻ることが出来たから。それで安心できるファンもきっといると思うし、これからApeaceがやり続けることは、もう当たり前なので!これからは、ファンの皆さんは、なにも心配しないで、僕たちに着いてきたらいいんじゃないかな。

スンヒョク:武道館をやる時は、ヨンウォンお兄さんとウォンシクお兄さんがいるかもしれない。

ゴンヒ:ヨンウォンお兄さんとウォンシクお兄さんがいたら、僕とスンヒョクがいないんじゃない?(笑)

ドゥファン:みんなでライブするためには、あと10年必要です!(笑)

ヒョンソン:あと10年ですか!?

 

ー6周年記念公演は、ジーンとくるものでしたか?

ヨンウク:はい。ファンの皆さんの顔を見てもそうでしたけど、映像で今までやってきたことを見せたじゃないですか。その時に、なんか泣きそうになったし、それを見ているファンの皆さんの顔を見て、また泣きそうになりました。ハイタッチの時、「武道館まで連れて行ってくれ」って言われて、その言葉がすごく嬉しかったです!だから僕、連れてくことに決めました!

全員:お~う!(拍手)

ーライブ中、泣きそうになるシーンはありましたか?

ワンチョル:「どこまでも続く道を」で、メンバーの声を聞きながら、歌詞も聞いて、泣きそうになりました。

ゴンヒ:ソンホが真剣にコメントした時。

スンヒョク:「ソンホ、今日は真面目にコメントしてね」って言ったら、ホントに真面目にコメントしました。いつもみたいにふざけなくて。

ワンチョル:ソンホが真剣にコメントするとカッコよくて!!

スンヒョク:ソンホってApeaceで1番のいたずらっ子だと思いますけど、元々いたずらっ子が、たまに真剣になると、みんな聞くし、お~!みたいになるし。

ヒョンソン:僕は2回くらい泣きそうになった時があるんだけど。ジュンシクが、ファンの方の手紙を読んだ時、僕ホントにジーンってなった。ここで泣いたら、なんか変な雰囲気になるかもしれないから、我慢しました(笑)。

ゴンヒ:僕はジヌとヒョンソンの「MIRO」って曲。歌詞を見ると悲しくなるけど。

ジヌ:そうそうそう。2年間思ってたことを書いてた歌詞なので。

シヒョク:僕はダンスメドレーの時・・・辛すぎて。

全員:はははっ!!!!(拍手)

ドゥファン:あれはしんどかったぁ!

ワンチョル:ずっと踊っていると、身体と精神が別々になるんです。やばいです!何も聴こえなくなることもあるし、

ヨンウク:貧血みたいになる時もあるし。

ドゥファン:考えながら踊るっていうより、もう身体が自分勝手に踊る。

スンヒョク:汗がすごくて、目に入るし。バックステージの着替えとか、もう汗ですごいですよ。

ーライブ1回で体重1~2キロ減ってるかもしれませんね。

全員:そうそう。

ワンチョル:その分、ライブの後に食べて飲みました。

ーすぐに戻った!(笑)

全員:はい!(笑)

 

 

 

ー最後に恒例の、6周年公演をそれぞれ100点満点で何点付けますか?

ドゥファン:はい!(手をあげて)僕は、100点満点で95点。どんな意味をもっているかと言うと、ヨンウォンお兄さんがリーダーになってから半年間大変だったんですけど、去年は5周年記念公演も無事に出来ました。それって、どういう意味かっていうと、メンバーがひとり抜けることによって、空いた穴を、残ったメンバーがどうやって埋められるかってことが宿題だと思うんですけど、ヨンウォンお兄さんが抜けた穴を、ウォンシクお兄さんがリーダーになって、残ったメンバーで頑張ってなんとなく埋められた気がしたんですね。そうやって1年間頑張ってきて、ウォンシクおにいさんが抜けて、ウォンシクお兄さんの穴をどうやって埋めるかが、いろんな意味で大変だったんです。6周年記念ライブは、ウォンシクお兄さんがいなくなっても、残ったメンバーで頑張ってやっていける可能性を見せられたライブだと思うので、僕はちょっと高い点数を付けました。

シヒョク:僕は60点です。6周年だから60点。7周年で70点。10周年記念公演になったら100点。11年は最初に戻って10点です。

全員:(笑)

スンヒョク:僕は100点です!悪かったところがなかったし、自分も楽しかったし、ファンも喜んだから。満足しています。

ゴンヒ:僕も100点です。Apeaceの公演はいつも最高なので、100点をあげたいです。

ジュンシク:僕は80点です。セットリストが少し長かったかな。

J.D:僕は90点です!セットリストを含めて楽しかったし、笑いあり泣くところもあり、素敵な公演だったんですけど、7周年になればもっとぎっしり詰めて、皆さんをもっと楽しませることができるように頑張ろう!という気持ちを込めて、90点にしました!

ヒョンソン:僕は1000点あげたいです。

ドゥファン:100点満点です(笑)。

ヒョンソン:100点満点でも1000点です。成長したメンバーを見て、ただ感動して!

ワンチョル:僕は99点です。ゴニお兄さんが、間違えたり、ジュンシクも間違えたりしたから。

ゴンヒ:自分は完璧ですか!?

ワンチョル:踊りももっとカッコよく踊れたところもあるので。

ヨンウク:僕は80点。僕たちのパフォーマンス的には完全に100点ですけど、僕たちを守ってくれたウォンシクお兄さんとヨンウォンお兄さんに10点づつあげたいから。

ジヌ:80点。10点はヨンウォンさんとウォンシクお兄さんにあげたいし、あと10点は、オレとヒョンソンさんが入って、Apeaceの曲がまだ踊れなかったから。これからこの10点は上がるから、すぐに90点になります。

(photo&text:Kiyori Matsumoto)

 

 

 

 

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

【撮り下ろし&独占インタビュー】Apeace、6周年記念公演を検証する!

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF