【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!


【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!
【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

L’Arc-en-Cielの「Driver’s High」をカヴァー曲に選んでいましたね。ロックを選曲するアーティストは少ないので、意外な選曲で新鮮でした

スンヨン:あの曲は、所属事務所のスタッフに、「日本で公演をする予定なんだけど、日本の曲でいい曲があったら教えて」と頼んだら、この曲がいいよと推薦してくれた曲です。

ソンジュ:僕はもともとロック音楽がとても好きなのですが、「Driver’s High」っていいんじゃないかと思って、「日本で有名な曲?」とスタッフに質問したら、有名な曲だしやってみたらと勧められました。そのまま話がどんどん進んでいき、「Driver’s High」をカバーすることになりました。本当にいい曲なので、やってよかったと思っています。

スンヨン:実は、公演する前まで候補曲は2曲あったんです。スラムダンクの歌と「Driver’s High」のどちらかを歌う予定でしたが、最終的に「Driver’s High」を歌うことになりました。実際に大阪公演で初めて歌った時、何人かの方はこの曲を知っているようでしたが、多くの方は聴いたことがないかのような顔をしていて、驚きました(笑)。

全員:(笑)

スンヨン:でも面白いことに、公演を1回、2回、3回と重ねていくうちに、僕らと一緒に歌を歌ってくれるファンの方々がどんどん増えていったので、そういう意味においてもとても面白かったですね。

◆ファレル・ウィリアムスの「Happy」もオシャレな選曲でしたね。

ソンジュ:「Happy」という曲は4公演中3公演は通常通りの形で行いましたが、最後の4公演目のステージでは客席に降りて行って歌いました。ファンのリアクションもすごくよかったし、ファンの反応を肌で感じることができて本当によかったです。

◆メンバーそれぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」など、どういうアーティストかを本人以外が紹介してください。

ソンジュ:僕が紹介します!イボはダンス系のパフォーマンスがずば抜けてうまいです。ラップを歌う時のジェスチャーも雰囲気があってとてもカッコいいし、パフォーマンスが本当にうまいと思います。

ジョイシェン兄さんは中低音の声が魅力です。ジョイシェン兄さん以外の他のメンバーは皆、ハイトーンの声なんです。ジョイシェン兄さんがいつも低音部をしっかりと支えてくれて、曲の中心となる重要なパートを担当してくれています。

ジョイシェン:今回の公演で、僕とソンジュが2人で作った曲も1曲、一緒に歌いました。

◆マスコミに配布されたセットリストには「自作曲」と書かれてありますが、タイトルはありますか?

ジョイシェン:「MY WORLD」です。ソンジュがサビパートを歌う時、声がとても明るくて力強くて、ソンジュの声の良さがすごく出ていると思います。

ソンジュ:ムンハンくんはステージでとても活気に溢れるような気がします。僕は高くて強い音質の声ですが、ムンハンくんはとても柔らかくて優しい音質の声をしています。ムンハンくんと僕は2人でボーカルを担当していますが、異なる性質の声がうまく溶け合って、とてもバランスが取れていると思います。

スンヨンくんはラップが得意で、ただラップがうまいというだけではなくラップパフォーマンスが本当にずば抜けていると思います。スンヨンくんがラップを歌うとカッコいいし、僕ら全体的に曲が盛り上がっていく気がします。スンヨンくんは歌も上手なので、僕らのグループでとても重要な役割を果たしてくれていると思います。 (⇒

もっと読む

(text:Kiyori Matsumoto / photo:Ryosuke Oshiki / translation:Akane Tanaka)

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ①

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ⑤

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF