【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン)


【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン)
【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン)

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④ 音楽をする上での信条。「音楽そのものが人である」(スンヨン), 少女時代ユナ、デビュー後初のブロンドヘア「特定のイメージにこだわっていたわけではない」, BIGBANG T.O.P、SNSの豚の写真について解明「スポイラーだった」, 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③自身の長所と弱点を自己申告。「独特な声質をまだ思うように使い切れていない」(イボ), 【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②それぞれの「声の魅力」「パフォーマンスの魅力」をメンバーが分析!

スンヨン:僕の長所はセンスがあるところです。短所は、今いいと思っている僕のセンスが、これからどうなるか分からないところです。例えば、年齢を重ねていくとセンスがなくなっていくことも当然あると思いますが、それまではある程度、自分で何とかどんどんやっておかないといけないので、今のうちから一生懸命頑張って、後で後悔することがないようにしたいと思っています。

ソンジュ:僕の長所は、誰とでもすぐに仲良くなれることです。人と話すこともとても好きですし、口数もとても多いです。いたずらもたくさんします。

4人:(口々に)彼はいたずらが多すぎます。いたずらすぎる!

ソンジュ:いたずらがあまりにも多すぎるので、時々メンバーに怒られます。いたずらが過ぎるところが短所だと思います。誰かが気分があまりよくなかったりすると、僕は何かいたずらをして気分がよくなるようにしてあげようとするんですが、結果的にもっと気分を悪くさせてしまうこともあります(笑)。でも中には気分がよくなる人もいるんですよ!

ムンハン:大抵の人は気分が悪くなります。

ジョイシェン:みんなに迷惑だからいたずらはやめなさい(笑)。

ソンジュ:いや、僕のおかげで気分がよくなった人も本当にいたんだってば!!

4人:(口々に)はいはい、分かりました(笑)。

◆音楽をする上で、信条とすることや大切にしてる言葉はありますか?

ソンジュ:僕は母が声楽をしていて、幼い頃から大勢の観客の前で母が歌う姿を見る機会が多かったのですが、母の歌で観客の皆さんが涙を流し、癒やされていく姿を見て、僕も何か、人々に癒しを与えることができる歌手になりたい、感動を与えることができる人になりたいと思うようになりました。

スンヨン:僕は、「音楽そのものが人である」と思います。音楽には感情もあるし、音楽を聴いた時、その音楽が気に入ると限りなく好きになって、どこにいてもいつもその曲を聴くようになったりするので、音楽というものは人と同じだと思います。言葉ではなかなかうまく表現できないような、感情的なものがたくさん入ってもいるし、精神的な部分で衝撃を与えるものや、回復させるものも入っていると思います。音というものは本当に、ある面では素晴らしいものでもありますが、ある面では何が何だかこんがらがってしまって、よく分からないもののような気もします。だからこそ、自分が好きなことをやっていくことが重要なのではないかと思います。

ムンハン:僕は、家族や友達に普段話したいことや、普段から感じている感情みたいなものを歌で表現しているのだと思います。

◆音楽はメッセージ?

ムンハン:はい、メッセージみたいな感じです。普段話したいと思っていることを伝えるものだと思います。

ジョイシェン:僕は、歌はメモリーボックスみたいなものだと思っています。今思っていることがそのままどんどん全部入っていて、何年か経ってから聴いた時、その当時、誰と一緒に過ごしたとか、誰と出会ったとか思い出させる、幸せな記憶をしまっておく箱みたいなものだと思います。

イボ:音楽とは、ステージで僕ら自身が楽しむことも大切だけれども、見ている観客の方たちも楽しませるものでなければならないと思います。それが僕にとっての音楽です。

◆皆さん素敵な表現を持っていますね!

全員:ありがとうございます! (⇒

もっと読む

(text:Kiyori Matsumoto / photo:Ryosuke Oshiki / translation:Akane Tanaka)

 

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ①

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ②

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ③

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ④

【撮り下ろし&独占インタビュー】UNIQ⑤

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF