【旅客船沈没事故】韓国KBS、特別報道番組を12時間から2時間に短縮・・・「毎日同じ内容は、憂鬱になる」


【旅客船沈没事故】韓国KBS、特別報道番組を12時間から2時間に短縮・・・「毎日同じ内容は、憂鬱になる」
【旅客船沈没事故】韓国KBS、特別報道番組を12時間から2時間に短縮・・・「毎日同じ内容は、憂鬱になる」

KBSが「セウォル号」沈没事故関連の12時間にも及ぶ特集番組を、2時間まで短縮させる方針を明らかにした。

KBSは、当初27日の特集生放送『あなたの横にわたしがいます』を12時間にわたり放送しようと計画していたが、これを変更。同日の午前10時から12時まで、短縮して放送することになったと分かった。

26日に、この変更のお知らせに付け加える形で、「被害者と行方不明者の家族を慰め、悲しみに浸った人々の悲痛を共にするため、映像制作物を中心にプログラムが構成される予定」などと説明をしている。

インターネット上では、「2時間でも良質なら圧縮してもかまわないだろう。正直、12時間は長い」「また同じ内容ならしんどい。憂鬱になる」「あんまり流しすぎると韓国中が鬱病になる」などとコメントが相次いでいる。

事故発生から、ありとあらゆる通常の番組がどの放送局でも中止になり、事故現場からの報道や代替番組に差し替えられるなどしてきた。連日連夜流れる悲痛な報道に、さすがに視聴者達からも「そろそろ明るい内容の番組を」などと、疲労の様子がうかがえる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF