【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー② 僕たちもアイドルだぞ!かっこいいパフォーマンスできるよ、っていう姿を見せたい。


【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー② 僕たちもアイドルだぞ!かっこいいパフォーマンスできるよ、っていう姿を見せたい。

【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー② 僕たちもアイドルだぞ!かっこいいパフォーマンスできるよ、っていう姿を見せたい。

【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー② 僕たちもアイドルだぞ!かっこいいパフォーマンスできるよ、っていう姿を見せたい。

そういえば!オープニングの映像で、みなさん脱いでましたけど!(笑)

ウォンシク:あの映像では、ビフォー/アフターを見せたかったんです。ちょっとわかりにくかったと思うんですけど、「純粋とセクシー」、の意外な面を見せたかったんですけど…。

ヨンウク:無反応でしたね(笑)。

◆初めて観るお客さんにもわかりやすいように、メンバーの名前をちゃんと出した方が親切だったかも。

ウォンシク:そうですね。次からもっと伝わるように頑張ります!

 

◆映像では、「Carry on」はミュージックビデオみたいに制作してましたね。

ウォンシク:はい。YouTubeに掲載して、僕たちのことをまだあまり知らない人へもアピールしたいし、今までの曲にも映像がついたら、また新しく見えるんじゃないかなと思って作りました。

◆所沢で早朝から撮影した映像ですよね。

全員:そうです。

ヨンウク:めっちゃ寒かったです!映像ではあたたかく見えたかもしれないんですけど。

ウォンシク:シャツにジャケット1枚。

ヨンウク:振り付けの中で、後ろにバーっとする、膝をつかないといけない振り付けがあるんですけど、みんな膝がやぶれてるジーンズはいてて、膝が床にこすれて、ケガしました。

◆後半は曲間が全然なくて、ダンス曲を続けてやっていて、ものすごい迫力でした!どいう狙いからそうなったんですか?

ウォンシク:今年はもっと動いてるApeaceをもっと見せたい!って気持ちが大きくて、僕たちもアイドルだぞ!かっこいいパフォーマンスできるよ、っていう姿を見せたくて、こうなりました。

◆選曲について教えてください。

ウォンシク:パッション、エナジーが今回のコンセプトだったんですけど、真剣すぎるとファンもちょっとかなと思って、最初はお芝居をちょっと入れてやるつもりだったんですけど、時間があまりなくて、出来なかったんです。僕たちのカワイイ面を見せたくて、僕たちの曲にもカワイイ曲ってあるんですけど、日本の曲を歌いたかったんです。日本人と韓国人のつながりっていうか、距離が近く感じられるんじゃないかなと思って。これからもいろんな曲に挑戦するつもりです。

 

◆ライブのMCが少なかったですよね。

ヨンウク:話すことも大事なんですけど、パフォーマンスに集中して楽しく遊べるといいなと思って、公演の準備をしたんですよ。特にオープニングと後半部分では、僕たちのエナジーを感じて欲しくて。そしてボーカルチームとパフォーマンスチームの曲のところは、これも今年の新しい挑戦で、Apeaceはここまでできるんだよってことを見せたくて、ボーカルチームとパフォーマンスチームを分けるとこんな感じだよってことを、一瞬見せたかったんです。

ウォンシク:ボーカルとパフォーマンスにチームを分けた時、ボーカルチームがここまでやってくれるなんて最初は思ってなかったので、見てビックリしました!

◆衣装について教えてください。

ウォンシク:衣装は、落ち着いてるけどキラキラしている。僕が考えるApeaceに一番似合う衣装って、やっぱりスーツだと思うんです。スタイリストさんとも相談して、高級な感じで(笑)。これからはもっとキラキラする衣装も着てみたいですね!(⇒

もっと読む

(text:Kiyori Matsumoto / photo:Daishirou niinou(majime Inc.))

 

【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー①

【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー②

【独占インタビュー】Apeace、ライブ検証インタビュー③

 

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF