【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!① 発表を前にそれぞれの決断を語った。


【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!① 発表を前にそれぞれの決断を語った。

【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!① 発表を前にそれぞれの決断を語った。

【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!① 発表を前にそれぞれの決断を語った。

8月15日、SHU-Iが原宿クエストホールで【SHU-I LIVE TOUR 2015「I-DREAM」】ツアーファイナルを迎え、夜の部のアンコールで「君を想う」を歌った後に、SHU-Iの年内解散を発表した。

夜の部が始まる前、4人と会い、今回解散を決めた経緯について話を聞いた。

◆「解散」はいつ決めたのですか?

ジンソク:ちょっと前から、メンバーの兵役のことなどいろいろな事情がある中で、これからどうしていくのか、話し合ってきました。僕以外の3人は一緒に兵役に行くことになりました。ヒョンジュンがSHU-Iには戻ってこないということも大きなことでした。

ミンホ:お兄さんたちふたりが(インソク、チャンヒョン)兵役に行かなければいけない、どうする?ってところから話し合いになりました。「じゃあ僕も一緒に行きます!」って言いました。ふたりと一緒に兵役に行って、一緒に帰ってきて、またすぐに活動をしたいからです。一緒にみんなで兵役に行ってしまうと、ファンの方は寂しいかもしれないけど、活動できない時間を少しでも短くするためには一緒に行くのがいいと思いました。

チャンヒョン:来年早めに一緒に行きたいと思っています。早く戻ってきたいと思います。

◆ジンソク君はどうして一緒に行くという選択をしなかったんですか?

ジンソク:4人でいろいろ話したんですけど、僕はまだ若いので、SHU-Iが解散しても、ひとりで日本に残って活動を続けていきたいと思っています。応援してくれる方々にお会い出来るように、頑張って活動していきたいです。いつかまた再結成する日まで、自分を磨いて行こうと思っています。今までSHU-Iは5人だったんですけど、これから僕ひとりでやっていくのは大変だと思いますが、日本語を生かして、僕にしか出来ないことをやっていきたいです。

ミンホ:ヒョンジュンとジンソクにそれぞれ「新しい道を行ってみたい」と言われて、人生についていろいろな考え方があると思うから、それぞれの考えを尊重してあげたいと思ったんです。

チャンヒョン:ヒョンジュンとジンソクは新しい道を行きたい、という考えだったので、3人で「どうしようか?」って話をしたんだけど、3人は一緒にやって行きたいって考えだったので、今回の結果になりました。

インソク:やっぱりお互いに大人だから、自分の未来についてもそれぞれ考えがあると思うから、そこは尊重した方がいいと思って、「わかった」と言いました。僕にとっても新しいスタートだと思っています!こういう状況が生れて初めてなので、気持ちを表現するのが難しいですね。何が正解かはわからないですから。

ミンホ:今はもう2年先のことを準備しています!戻ってきたら3人組の形で活動することになると思います。

◆ヒョンジュン君はSHU-Iに戻って来ないの!?

ジンソク:はい。自分の道を歩きたいということで。SHU-Iは元々5人で、今はヒョンジュンを4人が待ちながら活動しているという状況だったんですけど、それはSHU-Iが未完成のままで活動しているということなんです。お兄さんたちが来年兵役に行かなければいけないので、これからどうする?という話をいろいろしていく中で、解散を決めましたが、別に僕たちは仲が悪くて解散するわけではないから、またいつかみんなのタイミングが合えば、SHU-Iとして活動する機会があるかもしれないけど、今はいったん解散することにしました。ファンの方を待たせてしまうことにもなるし。

◆ファンが期待して待っていても、SHU-Iとしてハッキリした未来の約束が出来ない、から?

ジンソク:そうです。ヒョンジュンも戻ってくるって言ってたけど、今日「ヒョンジュンは戻らない」ということをファンに発表しなくてはいけなくて、でも彼の人生だから尊重しよう、とメンバーで話したんです。あやふやじゃなく、はっきりさせたかったんです。「休止」って言うと、ファンの皆さんが、SHU-Iを待っちゃうんじゃないかなと思うんです。「休止」と言ってあやふやにするのは、ファンの皆さんに申し訳ないから、今はつらいかもしれないけど、はっきり伝えた方がいいと思ったんです。 (⇒

もっと読む

(text&photo:Kiyori Matsumoto)

【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!① 発表を前にそれぞれの決断を語った。

【独占インタビュー】SHU-I、年内「解散」を発表!②「日本でつながった絆が僕たちにとって本当に大切なんです」

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF