【2014年まとめ】東方神起、数々の記録を塗り替えた2014年。そして10周年へ。


【2014年まとめ】東方神起、数々の記録を塗り替えた2014年。そして10周年へ。
【2014年まとめ】東方神起、数々の記録を塗り替えた2014年。そして10周年へ。

今月26日に韓国デビュー11周年を迎え、来年4月には日本デビュー10周年を迎える東方神起。また来年2月からは自身2度目の5大ドームツアーも決まっており、その勢いはとどまるところを知らない。

そんな東方神起の2014年日本活動の幕開けは2月5日に発売された両A面シングル「Hide&Seek/Something」の発売から始まった。同曲は1月1日に視聴とティーザー映像が公開され、ドラマ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」主題歌に起用された。「Hide&Seek」は東方神起には珍しいロックナンバーに仕上がっており発売から3日間で合計9万7556枚を売り上げた。

翌月5日には2014年第一弾アルバム『TREE』が発売。シングル未収録曲10曲が収録された同アルバムは発売当日だけで15万6491枚の販売高を記録し、オリコンのアルバムチャート1位にあがった。そしてこのアルバムのもう1つの話題がファンクラブ会員限定で買うことができる「Bigeast盤」ジャケット写真だ。DVD盤やCD ONLY盤が「TREE(木)」を中心に四季を表現しているジャケットに対し、「Bigeast盤」のジャケット写真は上半身裸の2人がモノクロで写っており、今までの東方神起とは雰囲気のちがうジャケット写真に仕上がっている。この写真は街頭広告にも使われ、新宿ステーションスクエアにはアルバム発売を記念して3日間限定で巨大ビジュアル看板と桜のモニュメントが登場した。

また同アルバムのリリースイベントが3月27日大阪のオリックス劇場で、28日東京の東京国際フォーラムで1日2回、合計4回行われた。

そしてアルバム『TREE』をひっさげて4月22日から60万人動員した全国アリーナ&ドームツアー「LIVE TOUR 2014 ~TREE~」がスタート。「もう一度、1人1人の顔が見える大きさの会場でやりたかった」とメンバーの意向が反映された同ツアーは横浜アリーナを皮切りに全11カ所29公演行われ6月22日京セラドームで締めくくられた。

韓国活動で足首を負傷しリリースイベント時には松葉杖を突いていたユンホもツアー初日には踊れるまで回復しており東方神起、ファン共に久しぶりにアットホームなライブを楽しんだ。また同ツアーで初披露されたジャズナンバーのシングル「Sweat」が6月11日に発売され、初日7万8053枚売り上げた。

8月には恒例となった東京・味の素スタジアムで開催された「a-nation stadium fes.」に参加し、ヘッドランナーとして7曲を熱唱。この日、日本デビュー10周年を迎える2015年の5大ドームツアーが発表された。

また恒例となった東方神起の所属事務所であるSMエンターテイメントのアーティストが一同に会する「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in TOKYO」が今年は味の素スタジアムで行われた。同ライブでチャンミンは2013年同様にSUPER JUNIORのキュヒョン、SHINeeのミンホと一緒にタキシードに苺の被り物をし、ゆずの「いちご」を披露した。2日間行われた同ライブの2日目は台風接近に伴いかなりの悪天候の中行われた。

「時間は奇跡を起こす」というメッセージが込められたシングル「Time Works Wonders」が発売されたのが11月5日。この曲とコレボレーションされたイルミネーション「ILLUMINATION WITH RED」がダイバシティ東京に登場し多くのファンが訪れた。42枚目となる同シングルは発売当日7万2322枚の販売枚数を記録し、1週目には販売枚数10万7,000枚を売り上げ、東方神起は今まで発表したシングル43作品で計408万8,000枚の売上枚数を記録して、アグネス・チャンが持つ401万枚という記録を上回り海外アーティスト歴代1位に輝いた。

この「Time Works Wonders」が初披露されたのがファンクラブイベント、東方神起 FANCLUB EVENT 2014「THE MISSION III~失われたコインを取り戻せ!!~」。11月1日~3日、5日6日、大阪と横浜で5日間計9回行われた同イベントは2013年のファンクラブイベントで映像公開された「White」も生歌で初披露され、ファンは東方神起からの少し早いクリスマスプレゼントを受け取った。

12月17日、2014年第二弾アルバム『WITH』発売。発売日前日には松本零士デザインの水上バス「ホタルナ」と東方神起がタッグを組み1日限りのプレミアム・クルーズ「TOHOSHINKI WITH HOTALUNA」が運行。平日にも関わらず、お昼前にはすべての時間の運行チケットが売り切れた。

2014年の集大成となる同アルバムは大きな愛をテーマに「共に」「一緒に」という意味が込められており発売初日16万2790枚の売上げを記録しオリコン1位を獲得。オリコン週間アルバムランキングでも1位に輝き、海外グループ史上初オリジナルアルバム4作連続首位の記録を打ち立てた。これはボン・ジョヴィの3作連続を5年1カ月ぶりに更新する海外グループ歴代単独1位記録で、通算5作目のアルバム首位は、サイモン&ガーファンクル、ボン・ジョヴィに並ぶ海外グループ最多タイ記録となった。

この記録以外にも東方神起は、2012年2人体制で初の日本ツアーに突入して以来ここ3年間、現地単独ツアーだけで200万の観客を動員し歴代海外アーティスト史上、最短期間の記録も樹立した。

また「日本ゴールドディスク大賞」で5つの賞に輝いた。「ベスト・エイジアン・アーティスト」、アルバム『TIME』が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」と「ベスト3アルバム」を受賞、シングル曲「Catch Me If you wanna -」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」で音源での受賞。DVD「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~ TIME ~」で「ベスト・ミュージック・ビデオ」を受賞し、5冠を獲得した。

年末29日には日本テレビ系「スッキリ!!年末拡大スペシャル」、30日には日本テレビ系「超踊る!さんま御殿!!2871人の名場面大放出 4時間30分大忘年会SP」のゲスト出演が決まっており、2014年はまさに年明けから年末まで走り抜けた1年間といえるだろう。

その勢いは2015年も引き継がれ、1月11日大阪のオリックス劇場で、13日神奈川のパシフィコ横浜で1日2回、合計4回アルバム『WITH』のリリースイベントが開催され、2月6日から5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2015 ~ WITH ~」が全国5カ所16公演開催される予定。そして2月25日には2人体制になって初の日本語タイトル曲「サクラミチ」をリリースする。同曲は東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「花嫁のれん」主題歌タイアップが決まっており、1月5日13時30分の初回放送で楽曲解禁される。

そして4月27日は東方神起とファンにとって待望の日本デビュー10周年が待っている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF