【2014年まとめ】SUPER JUNIORの2014年(2)イトゥクの除隊からカムバックへ!


【2014年まとめ】SUPER JUNIORの2014年(2)イトゥクの除隊からカムバックへ!
【2014年まとめ】SUPER JUNIORの2014年(2)イトゥクの除隊からカムバックへ!

7月には“SUPER JUNIOR”としての一大イベントがあった。リーダ-のイトゥクが約2年の兵役を終え、月末に除隊を迎えた。兵役中に、芸能兵制度が廃止され、途中から全くメディアにも姿を見せることがなかったイトゥクの除隊。

8月。SUPER JUNIOR D&Eの日本オリジナルシングル「SKELETON」がリリースされた。その後行われた『a-nation stadium fes.』にはSUPER JUNIORを代表してドンヘとウニョクが出席し、会場を大いに盛り上げた。

そしてソンミンがBunkamuraオーチャードホールで公演されたミュージカル『VAMPIRE~愛と憎しみの果て~』に出演。同ミュージカルは、『DRACULA(ドラキュラ)』の装いを新たに日本上陸したもの。ソンミンは、妖艶なヴァンパイアを見事に演じた。

9月。8月末に韓国でリリースされた正規第7集アルバム『MAMACITA』を引っ提げて、いよいよ彼らのコンサート「SUPER SHOW 6」がスタートし、9月19日から21日までの3日間、韓国ソウルの蚕室(チャムシル)室内体育館で開催された。7月末に除隊を迎えたリーダーのイトゥクにとっては約2年振りのステージだけあって、イトゥクはもちろん、メンバー全員が気合の入ったものとなった。毎回ファンを楽しませてくれる笑いあり、感動ありの彼らのコンサート、メンバーそれぞれのソロステージも観客を魅了した。そしてこの「SUPER SHOW」が通算100回目公演を迎える。この記録を達成したことに対してメンバーのウニョクは、「100回の次は1000回を目指したい」と語っている。

10月になると、「SUPER SHOW 6」は東京ドーム公演へと舞台を移した。リョウクは自身のソロステージで日本の歌「三日月」(作詞・作曲:綾香)を日本語で披露。日本第一弾シングル「Fantastic」をリリースしたばかりのSUPER JUNIOR-Mヘンリーも同曲を披露した。

除隊後、久しぶりの日本のステージとなったイトゥクは、SUPER JUNIOR のグループカラーのブルーで埋め尽くされる会場を見て涙を流したという。

しかし残念な知らせもあった。「SUPER SHOW 6」東京公演の開催間近に、メンバーのシンドンが体調不良によって欠席すると発表。会場には来られなかったシンドンのソロステージがスクリーンに映されると、涙を流すファンも大勢いた。

SUPER JUNIOR-Mのチョウミもまたソロデビューが決定した。チョウミは、ミニアルバム『Rewind』をリリース。同楽曲ではEXOのチャンヨル、タオとコラボレーションしたミュージックビデオを公開。またf(x)のビクトリアとの甘いデュエット曲も同アルバムには収録され、チョウミの抜群の歌唱力でファンを魅了した。正規7集アルバム『MAMACITA』スペシャルエディション「THIS IS LOVE」は発売されるや否や、各種アルバムチャートで1位を獲得する偉業を成し遂げた。

11月6日、SUPER JUNIORはデビュー9周年を迎えた。そんな中、10月21日から韓国ソウル大学路ミュージカルセンター大劇場で公演されたミュージカル『あの日々』にキュヒョンがキャスティングされた。キュヒョンはミニアルバム『光化門で』でソロデビューを果たし、韓国の音楽チャート番組で次々と1位を獲得した。ソロデビュー決定をメンバーらに言い出せなかったと発言していたキュヒョン。1位を獲得した際、嬉しさのあまり涙を見せるシーンもあった。またキュヒョンが出演する音楽チャート番組のスタジオにメンバーらが応援に駆け付けたこともあり、メンバー全員、それぞれのSNSでキュヒョンの1位獲得を喜び、お祝いコメントを送った。

そして12月。「SUPER SHOW 6」が5日~7日の3日間を大阪京セラドーム、20日には福岡ヤフオク!ドームで開催。大阪公演では10月にソロデビューを果たしたSUPER JUNIOR-Mのチョウミがアルバムタイトル曲「Rewind」を初披露。福岡ドームではシウォンが福山雅治の「家族になろうよ」を日本語でギター弾き語りで披露するなど、サプライズが沢山詰まったコンサートとなった。常にファンを楽しませることに徹底している彼らのコンサート。今年の締めくくりとして、ファンには大きなプレゼントとなった。

更に17日には待望の日本シングル「MAMACITA」が約1年振りにリリース。オリコンシングルデイリーランキングで見事1位を獲得した。

そして一番のビッグサプライズは、ソンミンが結婚したことだ。妻となったミュージカル女優のキム・サウンとは1月に出演していたミュージカル『三銃士』で共演したことがきっかけで結婚に至った。ソンミンは、今後もSUPER JUNIORの一員としてメンバーらと一緒に活動していく予定だ。

2015年は1月23日からキュヒョン出演のミュージカル『ロビンフッド』が韓国で公演されることが決定、また5月には約2年の公益勤務を終えて、イェソンが除隊を迎える。しかしそれと引き換えにシンドンが入隊するのでは?と囁かれている。

来年はどんな風にファンを楽しませてくれるのか・・・2015年もまた”SUPER JUNIOR”から目が離せない。

 

【2014年まとめ】SUPER JUNIORの2014年(1)カムバックにソロ活動で大忙し! 

【2014年まとめ】SUPER JUNIORの2014年(2)イトゥクの除隊からカムバックへ!  

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF