【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!


【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

【AbemaTVがおもしろい①】リアルバラエティ『チョンダムドン111』を、もう1回見よう!CNBLUEヨンファとジョンシンとN.Flyingグァンジン!

『チョンダムドン111』、これがFNCエンターテインメントの所在地住所だということを広く知らしめたのは、このリアルバラエティ番組に他ならない。

この風変りなタイトルで注目を集めたこの番組は、2013年の番組制作発表当時、所属アーティストから事務所スタッフまで総出演との触れ込みで始まり、リアルバラエティってなんだろうと視聴者の期待を大いに煽った。

FNCエンターテインメント所属のFTISLAND、CNBLUE、AOA、N.Flyingというメンバーに加え、俳優のイ・ドンゴンらも登場するという豪華版。

ファンなら見てみたい!と思っている、こんな時、誰が何をしているんだろうという普段は決して見ることができない姿を覗き見る感覚が大いに受けた。もちろん、リアルだけではなく、バラエティなので虚虚実入り混じっているのは当然なのだがどこからどこまでが・・?などと考えるスキさえ与えないような、あれもこれもの面白さで、爆笑ものから、感動のエピソードまで、多彩な人間模様が繰り広げられる。

特に、CNBLUEのファンにとってこれは外せないというエピソードがある。クォン・グァンジンとの関係を描いた回だ。CNBLUEのベーシストは、初めからイ・ジョンシンではなかった。現在、N.Flyingのベーシストであるクォン・グァンジンが、CNBLUEのオリジナルメンバーだったのだ。CNBLUEがインディーズデビューでリリースした楽曲、『Now or Never』のCDジャケットにその姿を見つけることができる。グァンジンは、メジャーデビューすることなくグループから離れ、そこにイ・ジョンシンが加入するという過去があった。

グァンジンは、約10年の練習生時代を経てN.Flyingとして、韓国でのデビューを控えていた。が、デビュー前に行われる重要なショーケース直前に、事務所代表の抜き打ちチェックが入り、突然中止を言い渡されてしまい、グァンジンは、CNBLUEのジョン・ヨンファを訪ねた。

ショーケースの中止によって不安に陥っているグループメンバーへの接し方に悩み、自分で自分を責めるグァンジンに、ヨンファはグループの兄としての在り方を諭す。彼らは、学生時代に出合い、同じ将来を夢見てきた仲間だった。自分たちも、苦労を重ねてデビューへ辿り着いた過去があるからこそのヨンファからのアドバイスは、グァンジンにようやく笑顔をもたらしたのだ。

ジョンシンとグァンジンも同じ仲間だった。が、ジョンシンは複雑な思いをずっと抱えていた。この時初めて、グァンジンにその心の内を明かす。音楽的見解と個人的な事情によりCNBLUEのベースを交代することになった時、自分はグァンジンの席を奪い取ろうとしているのではないかと葛藤し、自分を責め、そのストレスから眉毛まで抜けたのだという。その告白に、グァンジンが返したのは、感謝の言葉だった。あれから時間も過ぎて、自分も今ここにいるし、グループの仲間もいる。オープニングアクトとしてCNBLUEのツアーに参加させて貰った、ちゃんとひとつずつ返してもらっている、と。「胸がじーんとした」との言葉をこぼしたジョンシン。お互いをお互いとして認め合った、仲間同士の男前な熱い繋がりを確認し合ったのだった。

更に、ヨンファは事務所代表に会いに行く。グァンジンらの抱えている思いや心境を率直に伝えて、もう一度機会を与えて欲しいとした。そうして、N.Flyingは再び、ショーケースを開催し、デビューを決めた。

CNBLUEのベースがデビュー前に交代していることを知っていたファン達は、彼らがどんな思いを抱えているのだろうかと密かに心を痛めていただけに、ジョンシンとグァンジンの笑顔にホッとするとともに、ヨンファの仲間を思う素晴らしさに、心打たれる。実際、2014年1月2日にこの回が放送された直後、N.Flyingのショーケースが行われ、ヨンファが激励に訪れた認証ショットが公式フェイスブックに上がっている。

こんなリアルな展開に、この番組の企画者の素敵な罠にあえてハマってみるのも楽しい。

もちろんこのほか、FTISLANDとCNBLUEのわちゃわちゃな飲み会や、FNCの年末パーティーなど、何度見ても楽しめるシリーズとなっている。

(text:Yayoi Iwai)

放送情報

「チョンダムドン111」#3

11月23日(木)03:00 〜 04:00

https://abema.tv/channels/k-world/slots/Bc4JUE5gC2ELGw

AbemaTV K WORLDチャンネル

12/1(金)から毎週金・土曜日16:20頃

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF