イ・ジュンギ、「ミラ・ジョヴォヴィッチを見て刺激を受けた」


イ・ジュンギ、「ミラ・ジョヴォヴィッチを見て刺激を受けた」

イ・ジュンギ、「ミラ・ジョヴォヴィッチを見て刺激を受けた」

イ・ジュンギ、「ミラ・ジョヴォヴィッチを見て刺激を受けた」

俳優のイ・ジュンギがグラビアのインタビューを通じて、映画やドラマの撮影のエピソードを明かした。

23日、ファッションマガジン『allure KOREA』は、イ・ジュンギと進行したグラビアとインタビューを公開した。今回のグラビアについて、撮影とインタビューを担当した『allure KOREA』の関係者は「肌が大概の女性よりも良くて驚いた。『イ・ジュンギの時間は逆に進むのか』と思うほど変わらない姿に驚いた。以前インタビューした時より成熟し、今後の歩みがさらに期待される」と話したという。

グラビア撮影と一緒に行われたインタビューでイ・ジュンギは、映画『バイオハザードVI:ザ・ファイナル・チャプター』に特別出演したことについて、「大げさに“進出”と言うわけではない。監督は韓国語が分からないのでミュートにしたまま、数日間映像を見て表情と感情で僕を読んだと言った。アジアの認知度だけで僕をキャスティングしたのではなく、その過程が感動的だった」と明らかにしたという。

続いて「撮影のない日に現場に行って見て多くを学んだ。ミラ・ジョヴォヴィッチを見て刺激を受けた。僕も体を使う演技が好きで誇りであると同時にプレッシャーになる時がある。だから現場で最大限合わせようとする。ミラもそうだったし、労を惜しむことが全くなかった。僕の提案も沢山受け入れてくれた」と伝えた。

また、現在撮影を進行している新ドラマ『歩歩驚心:麗』についてイ・ジュンギは「映像美が優れたキム・ギュテ監督と一緒にすると学ぶことが多いと考えた」と出演を決めた理由を話したという。イ・ジュンギのインタビューとグラビアは『allure KOREA』3月号で確認することができる。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF