イ・ジュンギ、撮影中にできた大きなあざを公開「栄光の傷」


イ・ジュンギ、撮影中にできた大きなあざを公開「栄光の傷」

イ・ジュンギ、撮影中にできた大きなあざを公開「栄光の傷」

ドラマ『夜を歩く士』で主演を務めるイ・ジュンギがアクションの演技中にできたあざを公開し、話題を集めている。

イ・ジュンギは14日午後、自身のインスタグラムを通じて「あざができました。栄光の傷は毎週僕を思い起こさせるでしょ」というコメントとともに1枚の写真を掲載した。

公開された写真の中には、カメラに視線を送り、頭に手を当てたまま腕を曲げたポーズを披露するイ・ジュンギの姿が収められている。キャップに白いTシャツ、黒いベストのスポーティールックのイ・ジュンギはグラビア撮影のようなポーズで横顔を強調したハンサムなビジュアルをアピールしている。しかし、たくましい腕には大きなあざが見え、痛々しい姿に目を引く。

公開された写真を見たネットユーザーたちは「怪我しないように気を付けて」「もう痛くない?」「傷跡が残らなかったらいいね」「もう怪我しないで。お兄さんが痛かったら、私も痛い」「お兄さんカッコイイ、でもお大事にね」などの反応を見せた。

イ・ジュンギは、MBC水木ドラマ『夜を歩く士』でヴァンパイアの士であるキム・ソンヨル役を引き受けている。同ドラマは全20話で制作され、韓国で19日に13話が放送される予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF