イ・ジュンギ、新ドラマ『歩歩驚心:麗』の撮影の感想・・・「撮影現場はときめきいっぱい」


イ・ジュンギ、新ドラマ『歩歩驚心:麗』の撮影の感想・・・「撮影現場はときめきいっぱい」

イ・ジュンギ、新ドラマ『歩歩驚心:麗』の撮影の感想・・・「撮影現場はときめきいっぱい」

俳優のイ・ジュンギが新ドラマ『歩歩驚心:麗』(脚本:チョ・ユニョン、演出:キム・ギュテ)の撮影を行っている中、感想を明らかにした。

イ・ジュンギの所属事務所NAMOO ACTORSは16日、『歩歩驚心:麗』で主演を務めるイ・ジュンギの感想を伝えた。所属事務所側によると、イ・ジュンギは「撮影現場の雰囲気はときめきでいっぱいだ。時代劇の撮影を沢山して慣れているが、快適さに浸らず、もっと上手になりたい。キム・ギュテ監督と作業するのは初めてなので期待もするし、緊張もする」と明らかにしたことが分かった。

続いてイ・ジュンギは「IUとの呼吸がいい。先輩と後輩がたくさん出る作品なので、僕が中心を捉えなければならないと思う」とし「率先し、毎回勉強して面白いものにしていきたい。打ち上げをするその日まで一生懸命頑張る」と伝えたという。

イ・ジュンギは『歩歩驚心:麗』で“犬オオカミ”という異名を持つ高麗太祖(テジョ) ワン・ゴンの第四皇子ワン・ソ役を引き受けた。ワン・ソは冷たい仮面の中に自分を閉じ込めたまま生きているが、ヘス(IU)を通じて仮面を脱ぎ、熱く愛し、高麗の4代皇帝光宗になる人物である。

同ドラマは100%事前制作で、今年の下半期に韓国で放送される予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF