イ・ジョンソク&パク・シネ、初キスで愛を確認・・・ドラマ『ピノキオ』第8話


イ・ジョンソク&パク・シネ、初キスで愛を確認・・・ドラマ『ピノキオ』第8話
イ・ジョンソク&パク・シネ、初キスで愛を確認・・・ドラマ『ピノキオ』第8話

イ・ジョンソクとパク・シネが、切ないキスをした。

4日に放送されたSBS水木ドラマ『ピノキオ』第8話で、お互いへの気持ちを抑えきれずキスを交わすダルポ(イ・ジョンソク)とイナ(パク・シネ)の姿が描かれた。

イナ(パク・シネ)は、仕事帰りにダルポ(イ・ジョンソク)と偶然出会い、夕食を共にした。イナは「ずっと長い間期待を膨らませてきたから失望が大きいみたい」とし、母親チャオク(チン・ギョン)への自身の気持ちを打ち明けた。

実の兄キ・ジェミョン(ユン・ギュンサン)のことで悩んでいたダルポ(イ・ジョンソク)は「その気持ち、分かる。会う前のほうがよかった気がしないか?会えたら嬉しくてたまらないだろうと思っていたのに、想像していたのと違って、どんどん傷ついていくし、つらい」とイナ(パク・シネ)に共感し、イナを慰めた。

イナ(パク・シネ)は「私たち、今までみたいに過ごすことができるかな?こんなふうに、叔父と姪としておしゃべりしながら家族として過ごすことができるかな?」と提案した。

ダルポ(イ・ジョンソク)は「もう僕はそんなことはできない。悪いけど、僕には無理だ。イナにはできるのか」とイナ(パク・シネ)への想いを告白した。

イナ(パク・シネ)は戸惑いながら「私はできる」と言ったが、しゃっくりが出始めたため、急いでその場を離れた。ダルポ(イ・ジョンソク)はイナを追いかけ、キスをしようとした。ダルポの行動に驚いたイナは急いで唇に手を当てキスされまいとしたが、ダルポはイナの手にそのままキスをした。イナは唇から手を離し、ダルポのキスを受け入れた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF