キム・ヒソン、学生時代のソン・スンホンについて語る


キム・ヒソン、学生時代のソン・スンホンについて語る
キム・ヒソン、学生時代のソン・スンホンについて語る

キム・ヒソンが、ソン・スンホンの過去について語り、視線を引き付けた。

キム・ヒソンは6日、韓国で放送されたKBS2の芸能番組『ハッピー・トゥゲザー』にゲスト出演し、自身の学生時代の思い出について語った。

同日キム・ヒソンは、「当時私が通っていた学校の前にもう1つ学校があって、そこにソン・スンホンさんが通っていた」と話した。

MCのパク・ミソンが「ソン・スンホンさんがヒソンさんを気に入っていたのでは?」と聞くと、キム・ヒソンは慌てて「そんなことはなかった」と答えながらも、ソン・スンホンのことを本名の”ソン・スンボック”と呼び、MCらを驚かせた。

キム・ヒソンはまた「当時スンボックさんの髪が結構長かった。髪を結んでいたくらいだった」とし、「まるでテリウス(日本の少女漫画の登場人物で、韓国ではカッコいい男性の代名詞)みたいだった」と打ち明けた。

さらに、キム・ヒソンは「当時私はガールスカウトのメンバーだった。学校の運動場でキャンプをすることがあったが、そんな時は男子生徒たちが校門の前に立ち私たちのことを守ってくれたりした」と告白し、当時の熱い人気を連想させた。「その男子生徒たちの中にソン・スンホンさんもいたか?」と質問されると、「それについてはノーコメントだ。いや、ソン・スンホンさんはいなかったようだ」と慌てて答えた。

最後にキム・ヒソンは「では、こうしよう。スンボックさんがその中にいたことにしよう」と付け加え、笑いを誘った。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF