キュヒョンが告白「最初はSUPER JUNIORが嫌だった」


キュヒョンが告白「最初はSUPER JUNIORが嫌だった」
キュヒョンが告白「最初はSUPER JUNIORが嫌だった」

SUPER JUNIOR

キュヒョン

が、グループについての思いを打ち明けた。

16日放送のKBS2『スター人生劇場』に出演したキュヒョンは、「僕がデビューしたとき、グループのメンバーが多いことが嫌でした。それはメンバー間で競争を作り出すだけでしたので。強いて自己主張をしない僕には、認められるのが難しいことでした」と語った。

しかし、キュヒョンは「今は、メンバーが多いことを幸せだと感じています。長い間一緒にいたことで、僕らはお互い長所と短所を理解し合っています」と語った。

(写真:KBS)

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF