ソン・イルグクの三つ子が視聴者の胸を熱くさせた番組降板の感想とは?


ソン・イルグクの三つ子が視聴者の胸を熱くさせた番組降板の感想とは?

ソン・イルグクの三つ子が視聴者の胸を熱くさせた番組降板の感想とは?

俳優のソン・イルグクと三つ子がKBS 2TV『スーパーマンが帰ってきた』で最後の挨拶をした。

7日に韓国で放送されたKBS 2TV『ハッピーサンデー‐スーパーマンが帰ってきた』ではソン・イルグクが三つ子とお弁当を用意して妻のオフィスを訪ね、一緒にお弁当を食べる姿が描かれた。

最後のインタビューでソン・イルグクは「良いお父さんとは?」と尋ねられると、「答えがあったらいいですね。正解を探している最中だ」と言って笑った後、「すべての親の宿題ではないだろうか」と話した。

ソン・イルグクは「こうやって初めて挨拶したのが、ついこの間のようだ。もう最後の挨拶だ」とし、三つ子に「悲しいだろ?」と尋ねた。

これに末っ子マンセ君は「悲しくない。悲しむと恐竜のおじさんも悲しむ」と答え、視聴者の胸を熱くさせた。三つ子はこれまでカメラのことを「恐竜」、カメラマンのことを「恐竜のおじさん」と呼んでおり、長い間共にした制作陣に対する配慮に目を引いた。

ソン・イルグクは「恐竜のおじさん、おばさん、言うことを聞かずに申し訳ありません」と言うと、三つ子も「申し訳ありません」と言ってお辞儀をし、「愛してくれてありがとうございました」と挨拶。最後に「次にまた会いましょう」と約束した。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF