チャン・グンソク演出映画が「富川国際映画祭」上映作に選定!


チャン・グンソク演出映画が「富川国際映画祭」上映作に選定!

チャン・グンソク演出映画が「富川国際映画祭」上映作に選定!

チャン・グンソクが監督として演出した映画『偉大な遺産』が「富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」の上映作として選ばれたことが明らかになった。

映画『偉大な遺産』は、現在漢陽(ハニャン)大学大学院に在学中のチャン・グンソクが、昨年下半期に学友たちと一緒に作った作品で、通帳だけ残して意識を失った父親と通帳に執着する無関心な息子のストーリーが盛り込まれているという。

この作品は、「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティック短編傑作選上映作に選ばれた。ファンタスティック短編傑作選部門は、新鮮で想像力あふれる作品として観客たちの愛を受けており、チャン・グンソクの演出力が引き立つこの作品が観客にどのような新鮮さで近づくのか、関心を集めている。

これと関連し、チャン・グンソクは「僕たちは皆、父の愛を感じずに生きている。しかし、この時代の父はただ愛を表現していないだけのことである。だから僕たちにとって父はあまりにも遠くにいる存在のように感じられる。そのため、もしかしたら僕たちは一生父の名前を一度も呼ぶことができずに生きているのかもしれない」と演出の意図を伝えたという。

「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」は7月21日から31日までの11日間、富川で開かれる予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF