チュ・ジフン、映画でのベッドシーンについて恋人Brown Eyed Girlsガインの反応は?


チュ・ジフン、映画でのベッドシーンについて恋人Brown Eyed Girlsガインの反応は?
チュ・ジフン、映画でのベッドシーンについて恋人Brown Eyed Girlsガインの反応は?

俳優のチュ・ジフンが恋人でBrown Eyed Girlsのガインに言及した。

チュ・ジフンは12日午前、ソウル三清洞(サムチョンドン)にあるカフェで行われた映画『奸臣』(監督:ミン・ギュドン)の韓国メディアとのインタビューで、「僕は俳優、ガインは歌手だ。仕事についてはお互いに話をしていない」と明らかにした。

チュ・ジフンは映画『奸臣』で朝鮮最悪の奸臣イム・スンジェ役を引き受けた。同映画は燕山君(ヨンサングン)11年、1万人の美女を捧げて王を牛耳ろうとした稀代の奸臣たちの熾烈な権力争いを描く。特に、破格的な露出、ベッドシーンが少なくなく話題を集めている。

11日に開かれた試写会でも「ベッドシーンがある映画出演についてガインがどのような反応をするのか?」という質問に「あまり反応がない」と明らかにした。

また、インタビューでは「ガインもすでに(数え年で)29歳である。そのような部分について理解できなかったりしたことはない」とし「ガインは歌手、僕は俳優だ。お互いに働く領域が異なるため、アドバイスなどをしたりはしない。各自夢があり最善を尽くしている」と述べた。

 チュ・ジフン、キム・ガンウ、イム・ジヨンらが主演を務める映画『奸臣』は韓国で21日に公開。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF