ドラマ『テバク』作家、チャン・グンソクを称賛「難しい役柄だが作品への情熱がすごい」


ドラマ『テバク』作家、チャン・グンソクを称賛「難しい役柄だが作品への情熱がすごい」

ドラマ『テバク』作家、チャン・グンソクを称賛「難しい役柄だが作品への情熱がすごい」

SBSの新ドラマ『テバク』のクォン・スンギュ作家がチャン・グンソクを称賛した。

17日、ソウル陽川(ヤンチョン)区木洞(モクトン)でSBS新月火ドラマ『テバク』のユン・ゴン監督とクォン・スンギュ作家が韓国メディアとのインタビューを進行した。

主演を務めるチャン・グンソクはヨ・ジングと劇中、それぞれ朝鮮時代のイカサマ師デギル、英祖(ヨンジョ)として対立する人物を演じる。最近行われた台本読み合わせについてクォン・スンギュ作家は「2人の組み合わせは想像以上だった。2人がどのような呼吸を見せるのか、僕が期待するほどだ」と語ったという。

また、チャン・グンソクについてクォン作家は「チャン・グンソクとは数回会ってキャラクターの話を交わした」とし「主人公デギル役が非常に苦労する役だ。さらに肥溜めにも落ちるなどの撮影が難しいシーンもあるだろうから、『本当にできるか?』と何度も確認した」と話した。

続いて「ところが、本人が本当にしたいと述べた。情熱がすごい。だから驚いた。信頼を得た」と明らかにしたことが分かった。

『テバク』は、現在韓国で放送中の『六龍が飛ぶ』の後続として3月末頃、初放送される。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF