ハン・ジミン、“悪い男”ヒョンビンに告白?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第5話


ハン・ジミン、“悪い男”ヒョンビンに告白?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第5話
ハン・ジミン、“悪い男”ヒョンビンに告白?・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第5話

ハン・ジミンがヒョンビンに自身の気持ちを告白した。

4日に放送されたSBS水木ドラマ『ハイド・ジキル、私』第5話で、ク・ソジン(ヒョンビン)をロビン(ヒョンビン)だと勘違いしたまま自身の気持ちを告白したチャン・ハナ(ハン・ジミン)の姿が描かれた。

ロビン(ヒョンビン)とソジン(ヒョンビン)は各自、夜と昼に行動することに決めた。夜、目を覚ましたロビンはチャン・ハナ(ハン・ジミン)をサーカス団のMTの場所まで送ろうと車の運転席に乗り込んだ。

自身とハナ(ハン・ジミン)を追跡してきた何者かをまこうとしたロビン(ヒョンビン)は、事故を起こしてしまう。ロビンはショックで気を失ったハナを背負い病院に向かった。病院に着いたロビンは倒れ、ソジン(ヒョンビン)が目覚めた。ソジンは自分の置かれた状況が分からず戸惑った。

ロビン(ヒョンビン)であるフリをしたソジン(ヒョンビン)はサーカス団のMTに参加した。ハナ(ハン・ジミン)はソジンをロビンだと思い込み、ソジンの目を見つめながら「ロビンは本当にいい人ね。好きです。だから好きです」と自身の気持ちを告白した。ソジンは驚いた表情を浮かべ、ハナを見つめた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF