ハン・ジミン、病に倒れたヒョンビンを看病・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第8話


ハン・ジミン、病に倒れたヒョンビンを看病・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第8話
ハン・ジミン、病に倒れたヒョンビンを看病・・・ドラマ『ハイド・ジキル、私』第8話

ハン・ジミンが、苦しむヒョンビンを誠心誠意看護する姿が話題となっている。

12日に放送されたSBS水木ドラマ『ハイド・ジキル、私』第8話で、ク・ソジン(ヒョンビン)を看護するチャン・ハナ(ハン・ジミン)の姿が描かれた。

ソジン(ヒョンビン)はカン博士を誘拐し、ハナ(ハン・ジミン)を危険にさらした犯人が、過去自身と共に誘拐され死んだと思っていた友達だという事実を知り、激しい衝撃を受け、苦しんだ。激しい苦痛と極度のストレスにより、ソジンは病に倒れてしまう。

ソジン(ヒョンビン)の家を訪れたハナ(ハン・ジミン)は、ベッドに横になりうなされ苦しんでいるソジンを発見した。心配したハナはソジンに薬を飲ませたり、汗を拭いてやるなどして誠心誠意彼を看病した。

ソジン(ヒョンビン)はそんなハナ(ハン・ジミン)に冷たく「出て行け」と言い放ちながらも、次第に大きくなっていくハナへの募る想いを感じた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF