パク・シネ、過去の恋愛を告白「今までの恋愛スタイルは利己的だった」


パク・シネ、過去の恋愛を告白「今までの恋愛スタイルは利己的だった」
パク・シネ、過去の恋愛を告白「今までの恋愛スタイルは利己的だった」

パク・シネが、自身の過去の恋愛について語った。

14日に放送されたKBS 2TVの『芸能街中継』で、グラビア撮影現場でパク・シネにインタビューする様子が描かれた。

パク・シネは自身の近況について「ドラマが終わってから、インタビューや広告撮影などをして過ごした」と語った。

また、ドラマで登場したどきどきするようなセリフについて質問されるとパク・シネは「私はそのようなセリフをたくさん聞いたが、聞くたびにどきどきする。いつもそんなドラマのような恋を夢見ている。現実にはそんなドラマみたいな恋はできないだろうと分かっているが、努力をしている」と述べた。

恋愛について質問されるとパク・シネは「経験はあるが、私の仕事が忙しすぎて相手への気持ちを考えることができない自分自身が利己的だと思うことがあった」と述べ、過去の恋愛について告白した。

年上、年下との恋愛についてパク・シネは「私は年上か同い年がいいと思う。年下は男性として感じない気がする。もう少し頼ることができる人がいいと思う」と述べ、視線を引き付けた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF