ファヨン、姉と一緒に別の芸能事務所を訪問


T-ARA

を脱退した

ファヨン

が、双子の姉でT-ARAの所属事務所であるコアコンテンツメディアに所属しているヒョヨンと共に1日、別の事務所を訪問していたことが伝えられた。

韓国メディアによると、2人は前日31日夜にはコアコンテンツメディアの

キム・グァンス

代表を訪れて謝罪をしているが、1日午後には、コアコンテンツメディアと同じソウル江南(カンナム)区論硯洞にある芸能事務所「MAROO」を訪問した。「MAROO」は

超新星

などが所属する芸能事務所。

MAROOのイ・ジェヒョク代表は、コアコンテンツメディアとも関係が深いという。2人が同事務所でどんな会話をしたかは不明だが、今回のT-ARAを巡る一連の騒動収拾のために相談をしたのではないかという見方が有力だという。

一方、コアコンテンツメディアのキム・グァンス代表は、ファヨンのT-ARA復帰について、本人には「待っている」と伝えたとし、可能性は否定しないながらも、T-ARAとファヨンの双方の傷は深いとして、急に和解をしても復帰は大変ではないかという見解を、別の韓国メディアとのインタビューの中で述べている。

今回、ファヨンがコアコンテンツメディア以外の事務所を訪問したことは、ファヨンの今後の活動と関連しても注目を集めている。

(写真:コアコンテンツメディア)

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF