ファヨン「自分だけの音楽をやりたい。自分の道を行く」


T-ARA

の所属事務所であるコアコンテンツメディアは1日、報道資料を通して、T-ARAを脱退した

ファヨン

が昨夜、事務所を訪れ、「自分だけの音楽をやりたい。自分の道を行きます」と話したことを明らかにした。

コアコンテンツメディアによると、ファヨンは31日午後10時57分に事務所を訪れ、代表の

キム・グァンス

氏と面会した。

ファヨンはこの際、「自分だけの音楽をやりたい。自分の道を行きます」と話し、これまで自分を育ててくれたことに感謝すると共に自分の道を行く決意を伝えたという。一方、キム代表は「世の中はあまりにも現実的で恐ろしいところだから、感情的に動かずたくさん悩んでから決めて欲しい」「心が変わったらまた会おう」と応じたと言う。

一方、今回ファヨンの事務所訪問について発表したのは、ファヨンが事務所を訪れる際の写真がネットに投稿され、ファヨンが31日午後10時半ごろにツイッターに投稿した謝罪のコメントは事務所に強制されたものではないかという憶測が発生していたためだと説明した。

T-ARA騒動関連ニュース一覧

T-ARA騒動フォーラム

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF