ムン・ヒジュン、「東方神起、練習生の時から脅威を感じた」


ムン・ヒジュン、「東方神起、練習生の時から脅威を感じた」
ムン・ヒジュン、「東方神起、練習生の時から脅威を感じた」

歌手のムン・ヒジュンが最も脅威を感じた後輩に東方神起を挙げ、視線を集めた。

ムン・ヒジュンは28日午後に韓国で放送されたJTBC『内部事情サロン』にゲスト出演し、過去SMエンターテインメントからデビューし爆発的な人気を集めたアイドルグループH.O.T時代のエピソードを公開した。

この日ムン・ヒジュンは「後輩の実力が優れ、発展速度が速すぎると、脅威に感じられる時がある」と話し始めた。ムン・ヒジュンは「緊張させたアイドルがいる。東方神起だ」とし「東方神起が練習生の時に挨拶をしてきたが、その瞬間、すでにこの子たちはH.O.Tを越えることができると思った」と明らかにした。

続いて、「多くのアイドルの後輩の中で東方神起のほか脅威を感じる後輩はいなかったのか?」という質問に「H.O.T全盛期時代は支配権を覆すほどのライバルがいなかった。アイドルのファンクラブの応援バルーンが色ごとにあり、ステージから客席を見ると、白(H.O.Tの応援カラー)のA4用紙にカラーボールペンの点のような感じだった」と答えて目を引いた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF