ユン・ゲサン、god合流について心境を告白「善良な気持ちで一緒にすることになった」


ユン・ゲサン、god合流について心境を告白「善良な気持ちで一緒にすることになった」
ユン・ゲサン、god合流について心境を告白「善良な気持ちで一緒にすることになった」

2004年にgodを脱退し、現在俳優として活躍中のユン・ゲサンがgodデビュー15周年記念プロジェクトに参加することになった心境を告白した。

ユン・ゲサンは3日、自身のファンカフェを通じて「記事より先に伝えたかったが間に合わなかった」とし、「今までに知られている内容は全て正しい。善良な気持ちで一緒にすることになった」とgod合流の心境を明らかにした。

1999年に『お母さんへ』でデビューし、国民的グループと呼ばれ大ヒットを記録してきたgodは、2004年にユン・ゲサンが脱退した後、4人で活動を続けたが、2005年にリリースした7thフルアルバム『空の中へ』を最後に活動を休止した状態であった。

脱退したメンバーが再びグループに合流するという点で、今回のユン・ゲサン合流のニュースは格別で、さらにデビュー当時のメンバー5人の完全体としてステージに立つのは約10年ぶりのこととなり、大きな関心を呼んでいる。

一方、godは今後、デビュー15周年を記念したプロジェクトを進行し、8日に新曲の音源を電撃リリースしてその収益をセウォル号沈没事故の犠牲者に寄付する。また、7月12日と13日には15周年記念コンサートを開催する。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF