ユ・スンホ、除隊式で号泣「カメラを見たら嬉しくて・・・」


ユ・スンホ、除隊式で号泣「カメラを見たら嬉しくて・・・」
ユ・スンホ、除隊式で号泣「カメラを見たら嬉しくて・・・」

4日に除隊した俳優のユ・スンホが久しぶりにファンと取材陣の前に立ち、涙を流した。

6日に韓国で放送されたKBS 2TV『芸能街中継』では、ユ・スンホの除隊式の現場が公開された。軍服を着たユ・スンホが現れると、ファンは「ハッピーバースデー」の歌を歌い、ユ・スンホにケーキを渡した。ユ・スンホは涙を流しながら、「カメラ見たらとても嬉しくて・・・」と言葉を詰まらせ、「泣かないと決めていたが、後輩や幹部たちを見たら思わず涙が出てきた」と述べた。

ユ・スンホは2013年3月に入隊し、27師団の新兵教育隊で助教として服務した。4日午前に江原道(カンウォンド)華川郡27師団(イギジャ部隊)の新兵教育隊で21カ月間の軍生活を終えて除隊した。

入隊時静かにひっそりと入隊したユ・スンホは「入隊した時にきちんと挨拶もできず、申し訳なく残念だった。除隊する時は正式に挨拶することができて感謝する。光栄だ」と話した。

続いて、「一番したいことは?」という質問に、ユ・スンホは同僚たちがくれたプレゼントがあるが、家に帰ってそれを見て寝たい」と述べて笑った。

最後にユ・スンホは現場を訪れたファン1人1人と言葉と握手を交わして温かい交流で締めくくろうとしたが、「僕は記者じゃなくてファンです」という男性の声が聞こえるとユ・スンホは再び握手をしに戻り、周囲は笑いに包まれた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF