人気恋愛バラエティ番組『チャク』の女性出演者がロケ中に遺書を残して自殺


人気恋愛バラエティ番組『チャク』の女性出演者がロケ中に遺書を残して自殺
人気恋愛バラエティ番組『チャク』の女性出演者がロケ中に遺書を残して自殺

SBS人気恋愛バラエティ番組『チャク(韓国語でペアという意味)』の女性出演者がロケ中に遺書を残して自殺する事件が起こり、大きな衝撃が走っている。

5日午前、『チャク』製作陣によると、同番組に出演していたある女性出演者がトイレで首を吊り死亡した状態で発見されたという。

警察は、事件について「死亡した女性出演者は、前日収録を終えた後、同日深夜に死亡した状態で発見された」とし、「通報を受け現場に駆け付けたが、女性はすでに心停止状態だった」と明かした。

このような不測の事態が起こり、製作陣のみならず視聴者にも衝撃が走った。何より女性の死亡した理由が何であるかについて、関心が集中している。

番組の関係者は、死亡理由についての韓国メディアの質問に「事前の打ち合わせの時に変わった点はなかったし、撮影時にも何の兆候もなかった。製作陣も現在、事件の経緯や原因について調査している状況だ」と語った。

製作陣は同日午前、「『チャク』のロケ撮影中、出演者が死亡する事件が発生した」とし、「制作陣は非常に残念に思っており、遺族の皆さんに心からお悔やみ申し上げる。心から遺憾の意を表するとともに、今後このようなことがないよう努力していきたい」と公式発表した。

一方、同事件を担当した西帰浦(ソギポ)警察署は「遺書のようなメモが現場で発見されたことと、外部からの侵入や外傷の痕跡がないことから、自殺と推定している」とし、正確な死因について調査中だという。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF