”今の社会は病んでいる”2PMチャンソン&テギョン、旅客船沈没事故に関する悪質なデマに怒り


”今の社会は病んでいる”2PMチャンソン&テギョン、旅客船沈没事故に関する悪質なデマに怒り
”今の社会は病んでいる”2PMチャンソン&テギョン、旅客船沈没事故に関する悪質なデマに怒り

2PMのチャンソンとテギョンが16日に発生した旅客船セウォル号沈没事故に関する悪質なデマを流布する者に対して怒りを表した。

チャンソンは20日午前、自身のツイッターを通じて「事件は起こり得るが、それに対する対処がまさに僕たちの社会を示している。今、僕たちがどのような環境に置かれているかどうかも事件を通じて知ることができ、またそれが他人事ではなく、僕たちにも起こりうる。今の社会は病んでいると思う」という文を掲載した。

続いて、チャンソンは「本当に悲しくて残念だ。事故後、気分が良くない。事故だけでも悲しいのに事故後に出てくる悪質な行為やデマで、辛い想いをしている人々の心を刺すことがさらに心苦しい。そのような人々。本当に自分たちがしたくだらない話の分だけ苦しむことを」というメッセージで社会や悪質なデマを流布する人々に対して苦しい心境を打ち明けた。

また、テギョンも20日、自身のツイッターを通じて「今、嘘とデマを作り出す人々は人間ではない」という短い文を掲載し、怒りを表した。

現在、セウォル号沈没事故に関連して、行方不明者の名誉を毀損したり、救助活動に関するデマを流布する行為が後を絶たず、チャンソンやテギョンをはじめ、スターたちが自身のSNSを通じて悪質な行為をやめるように呼び掛けている。

これに韓国国防部は20日、「根拠のない虚偽の事実がインターネットで流布されている。これに対して強く対応する」と明らかにしている。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF