少女時代、後輩アイドルたちの挨拶についてコメント


少女時代、後輩アイドルたちの挨拶についてコメント
少女時代、後輩アイドルたちの挨拶についてコメント

12日に韓国で放送されたSBSラジオ『キム・チャンニョルのオールドスクール』では、

少女時代

のジェシカ、ユリ、ソヒョンの3人がゲスト出演し、少女時代としてデビューして7年が経った今の心境を告白した。

この日、

少女時代

は「今、音楽番組に行けばほぼ全てが後輩だ。今、先輩はパク・チユン先輩ぐらいだ」と言って周囲を驚かせた。

続いて、

少女時代

は「デビュー当初、声を出して『こんにちは、

少女時代

です』と挨拶した時に先輩たちが負担になったようだ。時には『あなたたちを忘れないようにするため?無理に来ないで」という言葉をおっしゃった」とし、「今になってその理由が分かった。後輩たちがそのように挨拶すると気まずい」と言って笑いを誘った。

またこの日、3人は休みの日の過ごし方を公開して目を引いた。

ユリは「休みの日には何もしないでぐっすり眠る」と答え、ソヒョンは「むしろ、新村(シンチョン)、明洞(ミョンドン)のような人の多い所を歩き回る。三清洞(サムチョンドン)にもしっかりと武装したまま友達と行って写真も撮った」と明かした。ジェシカは「おいしいものを食べに行く。家の近くのレストランを訪れる」と述べた。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF