少女時代サニー、「SHINeeオンユ、声帯手術後人生について悩んでいた」


少女時代サニー、「SHINeeオンユ、声帯手術後人生について悩んでいた」
少女時代サニー、「SHINeeオンユ、声帯手術後人生について悩んでいた」

少女時代のサニーがSHINeeのオンユにまつわるエピソードを明かした。

17日に韓国で放送されたMBC FM4U『サニーのFMデート』では、オンユと普段から親交の深い歌手のキム・ヨヌがゲスト出演し、オンユの近況についてトークを繰り広げた。この日DJのサニーは「最近、SHINeeのオンユと親しいと耳にした。オンユがキム・ヨヌさんに助けられていると言っていた」と話した。キム・ヨヌは「声帯手術後、声がとても良くなった。久しぶりに会ってきた」と答えた。

サニーは「私もオンユと親しい。同い年の友人だ。オンユが最近苦労しているという事実を放送で公開してくれたキム・ヨヌさんに感謝していた」とし「オンユが声帯の手術後、自分の歌手としての人生についてとても悩んでいた。手術前からそうだった」と話した。

これにキム・ヨヌは「心配していたが、後でソロアルバムを出してもいいぐらい良い感じがする。音域も良くなったし音も楽に出す。ただでレッスンをしている。オンユは心も優しくて可愛い」と述べ、「オンユは『お酒もおごってくれてレッスンも無料でしてもらう。こんな兄さんがどこにいるだろう』と思っているはず」と冗談を言ってリスナーの笑いを誘った。

キム・ヨヌは「バラードの神」と呼ばれる実力派シンガーで、多くの歌手を指導してきたボーカルトレーナーとしても有名である。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF