少女時代テヨン、「鼻炎、カメラ恐怖症、音楽ジャンル」様々な悩みを告白へ


少女時代テヨン、「鼻炎、カメラ恐怖症、音楽ジャンル」様々な悩みを告白へ

少女時代テヨン、「鼻炎、カメラ恐怖症、音楽ジャンル」様々な悩みを告白へ

少女時代のテヨンがKBS『ユ・ヒヨルのスケッチブック』で様々な悩みを相談する。

テヨンは16日に行われたKBS 2TV『ユ・ヒヨルのスケッチブック』の収録に参加。昨年ソロデビューを果たしたテヨンは、これまでドラマOST(オリジナル・サウンド・トラック)などで披露したバラードとは異なるジャンルを披露したことについて、「ジャンルに関係なく、沢山の曲を歌ってみたかった」と明かしたという。

また、タイトル曲「I」で初めて作詞を手掛けたことについてテヨンは「辛く苦しかったことを抜け出して、自由に自分らしく表現しようという思いを込めた」と話したことが分かった。

特にこの日の収録では、MCのユ・ヒヨルがテヨンの悩み相談に乗る時間を持ったという。テヨンは「どうしたら鼻炎を治すことができるでしょうか」「次の音楽はどんなジャンルをすべきか?」などの悩みを告白したという。

また、テヨンは「どのようにすると、カメラ恐怖症をなくすことができるか?」と質問すると、ユ・ヒヨルは「ここでは解決しない。ティファニーと3人で一緒に一杯やりながら話してみよう」と言って、笑いを誘ったという。

テヨンが出演する『ユ・ヒヨルのスケッチブック』は韓国で19日夜12時10分から放送される予定だ。

Comments 0

メールアドレスが公開されることはありません。

log in

Don't have an account?
sign up

reset password

Back to
log in

sign up

Back to
log in
ChinaUSA
Choose A Format
Story
Formatted Text with Embeds and Visuals
Image
Photo or GIF